サンガリア ホップの芳香

ニッポンでは、ビールの製造販売と言うと、アサヒ、キリン、サントリー、サッポロの4社が、ほとんど全てのシェアを、握っている4強体制が、久しく続いています。

ただ、この4社以外にビールを、作っている会社が、無いかと言うと、そうでは、ございません。

各種の会社が、その4強に食い込もうと、日々開発、研究を、行っています。

サンガリアも、その中の一つです。

サンガリアと言う企業は、大阪に本社を、構える飲料製造業者で、清涼飲料水を主に扱っています。

大阪を、中心におなじみを、博し、決して派手さは、無いものの、1971年に市販を、開始したサンガリアコーヒーを、は、じめ、サンガリアラムネ、みっくちゅじゅーちゅ等、オリジナルの商材を、次々に市販し、おなじみを、博しています。

特に、サンガリアは、「緑茶」でポピュラーです。

今でこそ、緑茶は、清涼飲料市場において当たり前に存在しているおなじみ商材ですが、実は、緑茶を、缶入り飲料として売り出ししたのは、サンガリアが、滑り出しです。

緑茶市場におけるパイオニアは、実は、サンガリアなのです。

そういった背景もあり、飲料市場では、常に一目置かれた存在となっています。

そんなサンガリアが、酒類の作製市販に着手したのは、ついここのところです。

2008年に酒類作製免許を、取得し、2009年にチューハイの売り出しを、行ったばっかりなんですね。

そのなかで、2009年にいきなりノンアルコールビール市場に参入していきます。

商材名は、「ホップの芳香」。

「ホップの芳香」は、他のノンアルコールビールの作製者からは、やや遅れているものの、ビール市場には、縁のなかったサンガリアが、異例のスピードで開発したこともあり、かなりトピックを、集めています。

今は、さらにカロリーオフの「ホップの芳香」を、公開しており、以来のシェア拡大も期待されているトピックの商材です。

ニッポンビール バービカン(龍馬1865)

いち急いでお酒分0%に近いビールを、売り出ししたニッポンビールが、主力商材として公開していた「バービカン」ですが、2010年にその呼び名が、変わりました。

バービカンは、新たに「龍馬1865」と言う呼び名になり、ショップ頭に並ぶようになったのです。

この「龍馬1865」と言う名前は、2010年に大河ドラマとしても放送された坂本龍馬から取ったもので、1865と言うのは、龍馬が、長崎において初めてビールを、飲んだ年とのことです。

ビールが、ニッポンに伝来し、坂本龍馬が、口にした時のビールを、出来るだけ再生して…と言うことなのかもしれませんね。

そんな、龍馬の名を、拝借したこのビール、お酒分は、0.00%で完全ノンアルコールビールとなっています。

そしてこのビールの最大のセールスポイントは、「ノンアルコールビールでありなが、ら麦芽100%」と言うこだわりです。

保全料、芳香原原材料、着色料を、全て無添加にしており、麦の芳香が、かなり強い飲料となっています。

さらに、このビールは、他社に先んじてプリン体ゼロを、成就しており、緊急にボディーに良い商材となっています。

商材自体の知名度は、は、っきり言ってしまえば主要4社には、敵いません。

ですが、この「龍馬1865」の趣旨は、他のビール作製者の主力商材と比べても全く遜色は、なく、むしろ時代を、先んじている部位も有ります。

知名度や先入観に囚われることなく、良いノンアルコールビールを、飲みたい人だけが、この商材に辿り着くのです。

そういう訳合いでは、ニッポンビールの「龍馬1865」は、隠れた名品と言えます。

ノンアルコールビールとプリン体

一時期、ニッポンでも、かなりトピックとなったプリン体。

プリン体の存在が、明らかになったのは、かなり前の話ですが、それを、一般市民が、知ったのは、ついここのところのことです。

それ迄は、健康志向の人が、ビールを、選ぶ際には、カロリーであったり、添加物であったりを、見て判断すると言うのが、一定水準でしたが、プリン体が、トピックされるようになったことで、プリン体の含有率が、健康に最も大事とする人が、増ました。

プリン体と言うのは、デザートに食べるプリンというのは、全く無縁の、細胞中における核酸の構成を、行っている原原材料です。

プリン体は、実は、本質的には、殆んどの食品に含まれています。

よって、入っているから健康を、害すると言う類の原原材料では、ございません。

大事なのは、その量です。

プリン体を、摂取しすぎると血液中の尿酸濃さが、高くなりすぎ、それが、原因で痛風に成る等、いくつもの弊害が、出てきます。

ちなみに、語源となっているのは、ラテン語の「プリンヌクレオチド」です。

そんなプリン体は、ビールには、特にいっぱい含まれる原原材料としてポピュラーになり、各社いかにしてプリン体を、抑えるかと言う開発合戦に発展しました。

そして、それは、ノンアルコールビールにおいても続いています。

2009年4月にキリンが、「キリン フリー」を、売り出ししましたが、この商材には、プリン体が、約1.4mg含まれています。

この量は、従来のビールと比較するとわずかと言えます。

ただ、ゼロでは、ございません。

これは、「アサヒ ポイントゼロ」や「サッポロ スーパークリア」、「サントリー ファインゼロ」も同じで、最もわずか「スーパークリア」にも若干のプリン体が、入っています。

2010年に売り出しされおなじみを、博している「ダブルゼロ」や「オールフリー」も、1mg未満に抑えては、いますが、ゼロというのは、なっていません。

そんな中、ニッポンビールの「龍馬1865」が、プリン体ゼロの実現にサクセスし、トピックを、生みました。

以来は、このプリン体が、ノンアルコールビールを、買う際の指標の一つとなっていくでしょう。