キリン 休む日のAlc.0.00%

キリンが、2010年度に売り出ししたノンアルコールビールは、「キリン フリー」だけでは、ございません。

「キリン 休む日のAlc.0.00%」も、キリンの誇るノンアルコールビールです。

そしてこの「キリン 休む日のAlc.0.00%」が、近頃シェアを、拡大しつつ有ります。

「キリン 休む日のAlc.0.00%」の売り出しが、開始されたのは、2010年4月14日。

「キリン フリー」のちょうど一年後、と言うことに成ります。

その呼び名からもわかる通り、休日に飲むことを、推奨している商材で、主なターゲット層は、40~50代の男性、としています。

その背景には、肝臓を、休めたいこの年代から、そういうビールが、あったら嬉しいと言う要望が、あった、と言うことのやうです。

そういった要望に応えるべく、このノンアルコールビールは、肝臓の働きを、保ち、アンモニアの解毒効き目を、促進するオルニチンを、配合しています。

ビールと言うと、とにかく喉越しと味が、いいものを、と言う発想が、大勢を、占めていましたが、近頃は、単にノンお酒と言うだけでは、なく、健康にも配慮した商材を、と言う流れが、できているやうです。

現実、それが、好果てにつなが、っており、この「キリン 休む日のAlc.0.00%」が、好調な理由も、その点が、大きく評価されているからといえるでしょう。

味としては、他のビールには、あまり感覚られ無い「甘み」が、感覚られるビールといわれています。

若干粘着性を、感覚、舌に染み入るような感覚もあって、味を、より深く感覚られるビールといえるのでは、無いでしょうか。

アサヒ ポイントゼロ

キリンに次ぐ国内シェアを、誇るビール作製者、アサヒ。

そのアサヒが、0.00%商戦に参入したのは、2009年9月のことでした。

シェアTOPのキリンに遅れること5ヶ月、けどその5ヶ月を、要したことで出現した「ポイントゼロ」は、緊急に大きな需要を、得ることに成ります。

まず、この「ポイントゼロ」が、出現する前、アサヒでは、超低お酒飲料として「ポイントワン」が、市販されていました。

「ポイントワン」は、キリンの「モルトスカッシュ」のお酒0.5%よりもお酒含有率が、わずか商材を、と言うことで開発され、含有お酒分0.1%を、実現した、限りなく0%に近い商材としておなじみを、博しました。

ただ、その後の飲酒運転の世間問題化、そして罰則の強化等でお酒飲料が、槍玉にあが、った際、お酒0.00%の商材を、と言うことで各社が、一気に開発に乗り出し、このアサヒもまた0.00%の商材を、生み出すべく研究を、重ねます。

こういった経緯による、「ポイントワン」から「ポイントゼロ」への移行が、成就されました。

「ポイントゼロ」は、オリジナルの研究を、重ねた果て、先出の「キリン フリー」というのは、全く異成るテイストのノンアルコールビールとなりました。

特に、味の再生性においては、「キリン フリー」以上に一定水準のビールに近いといわれています。

爽快な喉越しは、一定水準のビールに劣ら無いとさえ言われており、ビール愛好家を、も唸らせる銘柄として、アサヒの主力商材となりつつ有ります。

その一方で、やは、りノンアルコールビールユニークの味もあり、その点は、賛否両論有るやうです。

アサヒ ダブルゼロ

2009年に売り出しされた「ポイントゼロ」は、瞬く間にアサヒの0.00%ノンアルコールビールとしてトピックを、集め、定着しました。

売り出しから4ヶ月間で40万ケースを、目標とする等、アサヒ側も強気な姿勢を、見せ、かなりの手ごたえを、感覚ていたやうです。

けど、その一方で売り出し開始が、「キリン フリー」よりかなり後れてしまったこともあり、「キリン フリー」の独走態勢を、許してしまうことになりました。

そういった状況を、受け、2010年8月3日からアサヒは、「ダブルゼロ」と言う新たなノンアルコールビールを、売り出ししました。

「ダブルゼロ」は、「ポイントゼロ」のお酒0.00%を、引継ぐだけでなく、カロリーも0%に抑え、お酒とカロリーの両方が、0%と言う、今の時代に即した商材となりました。

近頃、飲料市場では、コーラなどのゼロカロリー飲料が、凄まじい勢いでシェアを、伸ばしており、アサヒが、そこに着目したのは、必然と言えるかもしれません。

「ダブルゼロ」のセールスポイントは、当然なが、らお酒、カロリーを、共に0%にした点ですが、これによってにこのノンアルコールビールは、酵母を、応用していません。

さらには、麦汁すら使っていません。

ビール作製における二大要素ともいえるこれらを、排除する為に、オリジナルの作製工程を、築き上げ、この商材を、開発、そして完結させたわけです。

ノンお酒でありノンカロリー飲料でも、有るこの「ダブルゼロ」は、売り出しと同じ時にいっぱいの応用者を、集め、ひと月で30万ケースを、売り上げました。

「ポイントゼロ」を、遥かに上まわる勢いで、アサヒの主力商材となっています。