高機能ヨーグルトの選び方


同じように見えて、本当は全然違うもの……世の中にはそんなものが沢山あります。
たとえば最近流行のアイドルユニットは全て同じように見えますが、じつはそれぞれ個性を所持しています。
海外のブラックジョークで「アジア人は皆おんなじ顔に見える」というものがありますが、これが間違いだという
ことは個々人がよくおわかりになっていると思います。
確かにどうも似ていても、深く解ることで依然として別ものであることが押さえることは多々あります。
本当はこれ、ヨーグルトの乳酸菌にもおんなじことが呼べるのです。
「高機能ヨーグルト」というものをご存知でしょうか?
最近流行りだした初々しいヨーグルトの種類で、各社が開発した「プロバイオティクス」と呼ばれる新しい乳酸
菌を配合したものを指します。
種類も多く、現在様々なものが市販されています。
パッケージだけ見るとどれも似たようなものに見えるかもしれませんが、じつは効果が激しく違います。
では今回はあんな高機能ヨーグルトの違いを見て行きましょう。
高機能ヨーグルトの中それでも、別に近ころ売れているものは「LG21」「ガセリ菌SP株・ビフィズス菌SP株」「BB536
」「LC1」「LB81」などのプロバイオティクス乳酸菌が含まれているものです。
名前だけだと効果がよくわかりませんね。
まずは別効果を紹介していきましょう。
LG21には胃腸を整えてくれる力があります。
ピロリ菌という胃潰瘍の原因になる菌を減少させたり、感染そのものをガードしてくれたりする力があります。
ガセリ菌SP株・ビフィズス菌SP株は雪印が開発した二種類の善玉菌です。
この二つを組み合わせたことで腸を整理する力が他の乳酸菌について硬いです。
それで便秘にも効果があります
BB536は予め健康な人の腸内にいた菌をもとに森永が作り出したものです。
健康な体を維持するために効果があります。
LC1はヨーロッパにおいて高い評価をされている乳酸菌です。
ピロリ菌を減少させるだけではなく、免疫も強化していただける凄い乳酸菌です。
LB81は腸内において有害もの質の発生を統べる力があります。
やはり便秘にも効き、トクホに認定もされています。
以上、似ているようでまるっきり異なる効果を持つプロバイオティクス乳酸菌の紹介でした。
これらの菌を使い分け、自分にあった高機能ヨーグルトを購入するようにしましょう。

体に合うヨーグルトを見つけて便秘解消!


人間の体とは複雑なもので、食品によって見合う合わないの差が著しく出てきます。
たとえばアレルギーと呼ばれ症状は丁度体が食品に拒絶反応を示している証拠です。
逆に持病で長く悩んでいた人が、食事療法を変えただけで持病が良くなったということも実際にあります。
このように食品と人体にはデリケートな仲があるのです。
それは勿論ヨーグルトにも呼べることです。
では今回は、体に合うヨーグルトの見つけ方をお勉強していきましょう。
人の体が他人とはそれぞれ違うように、腸内の菌も人によってまるっきり違ってきます。
そのためいくら高機能ヨーグルトを食べていても、中には体に合わず効果のないものも出てくることがありま
す。
まずは体に合ったヨーグルトはどのように探せば良いのか?
答えは簡単、いろんな種類のヨーグルトを試してみるのです。
新しく買ったヨーグルトを食べてお腹がごろごろするようなら、そのヨーグルトが貴方の体に合っている証拠
です。
またトイレの回数が増えたり、ガスが出るようになったりといった変化があったなら、そのヨーグルトは貴方の腸
内環境を大きく変えてくれているのです。
これだけだと「ただお腹に悪いのでは?」と勘違いしてしまいそうな兆候ですが、そのヨーグルトを食
べなれてくれば自然と症状も安定してくる。
このような変異は食べやっと三日間程度で落ち着いていきます。
その後はおんなじヨーグルトを最低一週間摂取しましょう。
その結果便秘がなくなったり、便から酸っぱいにおいがするようになったりしたら、そのヨーグルトは貴方の体にとって相性は優。
逆にいかほど食べても変化が起きないようなら、そのヨーグルトは貴方の体とは相性が悪いようです。
一気に他のヨーグルトを召し上がるようにしましょう。
この様に様々なヨーグルトを食べ見比べ、貴方の体に合ったものを見つけ便秘を解消ください!

ヨーグルトを作ってみよう!


便秘解消のためにヨーグルトが効果的のは今までの記事でよくおわかり頂けたと思います。
但しヨーグルトがいくら効果的でも、毎日食べ続けるとさすがにお金がかかります。
出来ることなら節約したいというのが人情というもの。
ただし切り捨て質の悪いヨーグルトを買っては、せっかくの効果も小さく本末転倒になってしまいます。
ではどうすればヨーグルト代を節約することは出来るのか?
答えは簡単、自分でヨーグルトを作ってしまえば良いのです。
ヨーグルトを作るとなるとどうにも難しそう……そんな声が聞こえてきそうなこともわかります。
確かにヨーグルトの作成には乳酸菌が必要であり、一般の家庭で乳酸菌を常備しているところは一旦薄いでし
ょう。
乳酸菌がなければヨーグルトは作れない、まずはどうして乳酸菌を手に入れれば良いのか?
ここは頭の使い所、乳酸菌がないのなら乳酸菌を手広く含んだ食品を用意すればいい、つまり「ヨーグルトを新
規に一つ用意」すればいいのです。
では節約にならないと貴方は反論することでしょう。
ただし大丈夫、ますます牛乳を使う事でヨーグルトの制作費を大幅にお得に出来るのです。
ではレシピを見てみましょう。
意外とプレーンヨーグルトのヨーグルトが大さじ1程度。
却って無調整の牛乳を500ml用意しましょう。
牛乳を鍋に入れ火にかけ、40℃程度に温めましょう。
温まったらそこにヨーグルトを投入します。
よくしっかりとかき混ぜたら、魔法瓶に入れ半日から一日置いておきます。
この時魔法瓶の効果で温度を保つことがポイントです。
その後内容ものが固まったら、冷蔵庫で冷ますことで自家製ヨーグルトの完成です!
因みにこのヨーグルト、先ず作ると複数回作りまわすことが出来ます。
自家製ヨーグルトを大さじ1程度記し、あとは温めた牛乳と取り混ぜ魔法瓶で捨て置く作業を繰り返すだけ。
何度か創りなおして、酸味が弱くなってきたら目新しいヨーグルトと交換するようにしましょう。
このように簡単にヨーグルトは考えることができます。
ヨーグルトを安くお手軽に作り、便秘解消へと向かいましょう!