なた豆茶を考えるときのポイント


なた豆茶の作り方、煎れ方をご紹介してみたいと思います。
一番簡単なのはなた豆茶を買ってきてお湯に来れるという方法ですが、そうじゃなくなた豆茶を自分で作るという場合にはポイントが必要となります。
多分なた豆を自分で栽培するとすれば毒性が無くて食用としても適切「白なた豆」を栽培する様にください。
赤なた豆は完熟したら弱いですが毒性を持ちますので素人では栽培するのは控えましょう。
栽培を絶対に終わりたいのは「たちなた豆」です。
毒性が深く有ります。
ですから自分で栽培するだとすれば「白なた豆」としてくださいね。
また栽培するのは面倒と言うならば乾燥なた豆を購入してみてはいかがでしょうか。
なた豆はお茶の他にも色んな製法が有りますのでおししく調理してくださいね。
なた豆茶をなた豆から定める際、豆をよく煎っていきます。
中までしっかりと火が受かる様にしてくださいね。
豆を煎り終えたらフードプロセッサーにかけて細く砕いて下さい。
お茶パックに細く砕いたなた豆を入れて、後は普通にお茶を煎れる様に入れていきましょう。
なた豆は香りが香ばしく、味もまろやかです。
しつこいお茶がスキな方は煮出すと良いでしょう。
成分的には濃くても小さくても貫くという事なのでお好みに合わせましょう。
例え何回か使って出がらしになっても効果自体は貫くと言いますからしっかり使ってあげましょう。
老若男女問わず、どなたでもおししくいただけて効果が期待出来るなた豆茶です。
家族で飲んで皆健康体を目指しましょう。

なた豆茶の日本国内の産地


とにかく知られているなた豆茶の国内の産地と言えば鹿児島県薩摩地方のなた豆茶だと思います。
何年か前、大河ドラマの篤姫の中でなた豆が登場した様で、あの時代は江戸時代近辺の話ですのでそのころからなた豆が食べられていた事がよく分かります。
それと話は被り、なた豆が日本に来たのは江戸時代の初期のころだそうです。
とは言っても日本国内では決して多くの地域で栽培されている訳ではないと言います。
日本では観賞用としてではなく、健康思考の方に好まれてお茶として飲まれている為、良質ななた豆を仕掛ける事が求められているからだそうです。
自然のままの方法でなた豆を栽培するという事は農薬はもちろんつぎ込みませんので、はなはだ一大事だと思います。
なた豆茶は薩摩以外にも丹波地方、鳥取の大山地方で作られているみたいですが、サヤが40cm以上にも達する大きななた豆は薩摩地方ならではだそうです。
他の地方が悪い訳ではありません。
およそそれだけ薩摩の土や気候となた豆の相性が良いという事なのかもしれません。
ただしこんな国産のなた豆がある中、市場に流通しているなた豆と言うのは海外から輸入されたものが主だという事です。
輸入ものが乏しいとは言いませんが、製造過程や肥料等、不明な点があるなた豆が多いのは否めませんよね。
その為、国産で上質ななた豆と言うのは非常に貴重だという事になるのです。
なた豆茶を選ぶ際にはそういった安全面という意味からでも、産地も製造過程も必ず知る国産のなた豆茶の方が良いかと思いますよ。

なた豆茶はどうして選べば良いでしょうか


テレビや雑誌等で取り上げられ、そのパワーが凄いと注目されているのがなた豆茶です。
今ではなた豆茶と名前が付いているたくさんの種類の製品が登場している様です。
しかしなた豆茶と一言で言っても良質なものばかりではないと言います。
国産のものそれでも輸入のものそれでも良質なものであれば良いですが、品種が必ずやしなかったり、製造過程がしっかりしなかったりして粗悪ななた豆茶も有る様なのです。
また使われているなた豆の中には毒性が見て取れる品種も有り、食用として使ってはいけないなた豆と言うのも存在しています。
そういった事を考えてもなた豆茶を選ぶ際にはぐいっと慎重に追い求めるものですよね。
ですからなた豆茶を選ぶ際には原料となっているなた豆をしっかりとチェックして選ぶ様にしなければならないのです。
なた豆茶として払える品種はシロナタマメとアカナタマメだと言われています。
シロナタマメの場合は食用として使えるので絶対のなた豆茶で発売されていますが、アカナタマメの場合は薬効が凄いという事も在る事から、色んな材料と合わせて健康茶として作られている物が多いようです。
ただしいかほど薬効が有るからと言ってもなた豆茶は薬という訳ではありません。
ですから成果を期待しない方が良い事、飲み込むのであれば継続的に長期間呑み続けて見る事が要所だと思います。
呑み積み重ねる為には味も選ぶ基準の大事な要素になります。
味が悪ければ続けたくても続けられませんからね。
こんな事を考えてなた豆茶を選ぶ様にしていきましょう。