親戚にお歳暮を贈る場合

親戚に対してお歳暮を贈るケースは、本質的にはかなり沢山かとおもいます。

常々からよく顔を合わせる親戚にしても、遠くに住んでいる親戚にしても、あるくらい近しい相手に対しては贈っておいた方が良いですね。

もっとも、親戚の間柄のケースでは贈るかどうかをあえて話し合うのもありです

もしお互い気を遣う、負担になると言うケースではは、お互い贈らないようにしましょうと意志表明を行っても構いません

ただし、ご年配の方、目上の方のケースでははしっかり贈った方が良いでしょう。

本質的には、子供がお年玉をもらった相手に対しては、なるべく贈るのが望ましいですね。

親戚に贈るお歳暮は、事実の使用性重視で一向に構いません。

品物券等は一番喜ばれるのではないでしょうか

いくら高級品だとしても、あまり使い何処ろのないような物であるのなら、あまり喜ばれないと言うのが現実にのところです。

どうせお金をかけるのですので、少なくてもの礼儀は守って、後は相手が喜ぶようなギフト感覚の選出で構わないかとおもいます。

常々あまり食さないような食材、日用品、お酒類等が大好評ですね。

洗剤や油は、一人暮らしではないご家族であるのなら間違えなく使用する物ですので、喜ばれるかとおもいます。

特に洗剤は期限もないので、おススメです。

親戚に贈るお歳暮の相場は、3,000~5,000円です。

特にお世話になっている目上の親戚に関連しては、あるくらい奮発しておいた方が良いでしょう。

日頃親しい相手に対しては、価値より中身重視で選択するほうが良いでしょう

仲人さんにお歳暮を贈る場合

仲人を務めてくれた方に対しては、礼儀として可能な限りはお歳暮を贈るようにしましょう。

本質的には、仲人を頼む相手と言うのは自分にとって恩人あるいはたいへん縁のある人物である事が殆んどですね

たいへん世話になっている上司だったり、学生時代の恩師だったり、親族や極めて近しい知人である事が沢山かとおもいます。

世間的地位が高く、ちゃんとしたご家族を持っている人を選択する事になります、。

そういった仲人に対してお歳暮を贈るのは当然として、ではどんな物を贈るのが望ましいのでしょう。

本質的には、ファミリーを持っている人に仲人を頼むのが世間一般的ですので、ご家族のある相手に贈る日用品等で問題は有りません。

ただ、仲人を頼んでいる相手に対しては決して粗相のないよう、お歳暮としては最高ランクの物を贈るのが世間一般的です。

相場でいうと、5,000円前後ですね。

だいたいのケースでは、お歳暮を贈る相手のなかで一番高い額面を使用する事になるでしょう。

フードであるのなら、蟹や伊勢海老等がお奨めです。

メロン等高級フルーツの詰め合わせ、松坂牛等も喜ばれるでしょう。

ただ、見栄を張ってあまり高い物を選定してしまうのもかんがえものです

初めの一年はそれだとしても良いですが、毎年その額面で贈るとなると、さすがに厳しくなってくるご家族も少なくないでしょう。

二年目以後は、家計に負担にならないくらいに高級な物を贈るのが一番好ましいですね。

お歳暮は心添えですので、無理をしてまで高い物を贈る必要は有りません