便秘の原因はなに?


多くの女性が悩まされている病気である便秘。
ある日さっさと変わる人もいれば、慢性的に悩まされているような人も。
そもそも、便秘の原因とは果たしてなんなのか?
今回は便秘の原因を細く説明していきましょう。
便秘とは文字通り便が出ないこと、つまりは便を送りだす腸に問題が多い場合が多いです。
たとえば、食生活が問題になっている場合があります。
貴方の食生活は偏っていませんか?
お肉や脂ものばかり食べていると、胃や腸が弱ってしまいます。
運動が不足がちだという貴方、これも便秘の原因になります。
日常的に運動をしていないと腸の動きも鈍くなり、便が溜まり易くなります。
そうしてこれは意外なことところが、めったに便秘薬に任せ超えるのもよくありません。
通常の用法要領で扱う分には問題ありませんが、便秘薬を乱用したり依存しすぎたりすると腸が便秘薬に麻痺してし
まいます。
ストレスも便秘の原因になりえます。
会社や学校、育児などストレスが溜まりやすい環境だと便秘になりやすくなります。
またあまりにも凄い便秘の場合、他の疾病がなんらかの影響を与えている可能性がおっきいので、病院に受診することを強くオススメします。
このように、腸がなんらかの問題を抱えることで、便秘は発生します。
腸とは非常にデリケートな器官なのです。
便秘とは誰でもなりえる病気もあるので、注意が必要です。
このブログではヨーグルトによる便秘の予防・解消法を紹介していきます。
ヨーグルトを規則正しく食べ、便秘の無い素敵な毎日を過ごしていきましょう。

ヨーグルトで腸を整えよう!


何事も整理整頓することで問題が解決することが多々あります。
たとえば何か大切なものを部屋の中で無くしてしまったとして、思い切って部屋を大掃除すると無くした宝ものも見
つかることがあります。
資料作りなどをするときにも、情報を整理することで綺麗で見やすい資料を作成し易くなります。
他にも普段からデスクを整理することで、仕事の効率も確実に上がります。
これはもちろん腸にも当てはまることです。
まずは今回は腸を整理整頓し便秘を予防する方法をお話しましょう。
腸はちゃんとしたケアを行わなければ、すぐに汚れてしまいます。
汚れたりガスが溜まったりすることで、腸の機能は弱ってしまいます。
そんな時、腸を整理整頓してくれるのがヨーグルトなのです。
ヨーグルトには腸内に「善玉菌」を増やして受け取る力があります。
とりわけ「乳酸菌」の力は弾き出す効果はとても強力です。
とりあえず乳酸菌は腸内にビフィズス菌といった善玉菌を増やしてもらえる。
そうして二つ目の効果、乳酸菌から発生する乳酸は悪玉菌が増えるのを予防してもらえる。
この二つの効果でヨーグルトは貴方の腸を整理整頓してくれる。
ヨーグルトの効果を一段と上げるには、毎日ヨーグルトを食べ積み重ねることが大切です。
一日に200グラム程度食べ積み重ねるのが理想と言えます。
一週間も食べ続ければ、腸内環境も修復することでしょう。
また便秘になってしまったからヨーグルトを摂るのではなく、便秘にならないようヨーグルトを食べること
が大切です。
便秘の予防薬として、ヨーグルトを活用しましょう。

効果倍増!ヨーグルトの効果的食べ方


何事にも相性というものがあります。
たとえば水と油、この二つは相性が悪くて混ざり合うことがありません。
仲の悪い方々を「彼らは水と油だ」と揶揄するのをよく見ることがあります。
逆に相性が良いものだと、ありとあらゆる効果を生み出したりします。
業務などのハンドブックで「人間関係の相性は1+1=2の足し算ではなく掛け算や乗数になったりする」と書かれ
ているのを見かけたことがあります。
確かに相性はただプラスになるだけではなく、どんどん更なる効果を生み出して得ることがあります。
まずは今回は便秘を解消する上で、ヨーグルトにおける相性の良い食べ方を勉強ください。
仮に貴方がダイエット効果も期待してヨーグルトを食べているのなら、ヨーグルトを食するときメインのメニ
ューと共に摂取することをオススメします。
乳酸菌には食べものの消化や分解を促進する力があるので、ダイエット効果にはもってこいなのです。
また取るタイミングとしては、朝食とともにヨーグルトを召し上がるのが効果的です。
朝食に召し上がることで、睡眠していた腸を活発にし、排便効果にも繋がります。
仮に貴方の便秘が何とも痛烈ものなら、夕食と共にヨーグルトを食べると良いです。
夜に取ることで睡眠中の腸内を整理して頂ける。
またヨーグルトに他の栄養素をトッピングすることで更なる効果を期待できます。
たとえばきな粉をヨーグルトに取り入れる事で、食もの繊維がかかりダイエット効果があります。
ナッツやシリアルといったミネラルのバランスを整えていただけるものを召し上がるのも良いでしょう。
ドライフルーツを加えてビタミンCを摂取するのも相性が良いです。
再びヨーグルトに甘味が欲しいときは、ぜひはちみつを入れましょう。
はちみつにはグルコン酸と呼ばれる成分が塞がり、ビフィズス菌を増やして受け取る力があるのです。
ヨーグルトを食べるのなら、これらの相性を考えて摂取することが実に大切です。
しっかりと計画を立てかしこくヨーグルトを食べましょう。