ドライアイそれでもカラコンは装着できるのでしょうか

昨今、端末やスマホによるそれぞれが急増している部分から、ドライアイの人が多くなっている様な感じがします。
ドライアイとは瞬きの度数が収まる為に、涙の分泌音量が収まり、目が乾燥してしまうときの事を指し示す。
ドライアイになってしまうと、カラコンやコンタクトが装着しにくくなってしまいるよね。
通常のコンタクトからカラコンは酸素が通りづらい構造となっている結果、カラコンを装着してしまうと目の乾燥が却って進んでしまいる。
どうにか口コミ等で人気のカラコンを装着してオシャレを頂きたくても、これでは大変ですよね。
もしでも無事故として我慢してカラコンを装着し続けた症例、目に創傷が付いたり、角膜炎を引き起こしてしまったり、最悪の場合は失明っていう事になる可能性も否定できません。
口コミでおこんな目の乾燥によるカラコンソリューションは色々出ていると思いるので、ちょっと見てみると良いかもしれませんね。
まずはドライアイの者はどの様にカラコンとお社交したら良いのでしょうか。
先ずはカラコンの装着日にちを早くしてみるという事です。
それほど乾燥時として目が金切声を上げない程度の短い時間のみカラコンとして、それ以外は外す様にください。
また端末やスマホ、ムービー程度、目を少々酷使する様な場合にはカラコンは外した方が良いでしょう。
別途目薬は常備しておく様にし、目が乾かない様に注意しましょう。
この時使用する目薬もカラコン専用の物、防腐剤が入っていない品の物によるという、余計目に容易いという思いる。