グルコサミンの摂取量

関節で重要な役割を果たしている軟骨が不足すると、曲げ伸ばしなどの時に痛みを伴います。
苦しい時には切り回すことさえできなくなって仕舞うこともあります。
軟骨を設ける成分としてグルコサミンと呼ばれるものがあるのですが、加齢とともに体内から減少していきます。
若い時ならば、十分な量が再生されているのですが、加齢によって再生能力が衰えてくるからです。
そこでグルコサミンのサプリメントを服用することになります。
グルコサミンの一日の摂取量はどのくらいでしょうか。
一般的な話では、1000mgから1500mg程度と言われています。
無論、サプリメントの成分がすべて体の中に吸収受けるわけではありません。
そのため、成分表示されている値よりも安い量を摂取していると考えて間違いないでしょう。
グルコサミンの成分表示はそんなことを考慮して書かれているわけではありません。
また、高齢になった時にグルコサミンを摂取することは問題ありませんが、若々しいときに服用することは医学的にもよくないと言われています。
それは外部からグルコサミンの成分が補給受けるために、体内で生成する必要がなくなります。
そうして、グルコサミンの生成機能が働かなくなってしまう。
そうなってしまうと、一生グルコサミンを呑み続けなければならなくなるのです。
軟骨の再生ができたならば、グルコサミンの服用を止めても問題ないそうです。
でも年齢を考慮して、継続することが賢明かもしれませんね。
あなたの場合はどういう状況にあるのか黙々と考えてみましょう。