カラコンの間違った使い方

書物やインターネットの口コミ等で、時々カラコンの間違った使い方が紹介されている事が有ります。
口コミによるのは良い事だとは思いるが、間違った使い方を続けていると最終的に目のトラブルを引き起こす危険性が有りますので注意する様にください。
なのでここではどの様な使い方が間違って紹介されているのか挙げてみたいと思いる。
カラコンに2枚使いに関しましてです。
簡単に言うと、カラコンを2枚重ねて装着そうするという使い方になります。
たとえば、白って赤のカラコンを組み合わせてロゼ色にあげるとか、たび入りの普通の出会いにたび無しのカラコンを重ねて視力矯正とオシャレを同時に楽しむとか、色々2枚積み重ねの理由は起こる様です。
元々コンタクトレンズは酸素の透過パーセントが大きいので、コイツ1枚で使用している分にはめったに厄介は有りません。
但しカラコン自体は通常のコンタクトレンズに対して、色素を使用している分、酸素の透過パーセントが低くなってしまいる。
それを重ねて使用する事で目への酸素補充がおおきく低下し、酸素欠乏に陥り、角膜がめくれたり菌に感染したりと、目のトラブルの原因となってしまいる。
目のトラブルだけでなく、お粗末は失明講じる懸念が有る病気に繋がる危険性も有ります。
またレンズ自体を重ねて使う事で、レンズその物にも損傷が付いてしまい、それを使い続ける事で、目自体へも損傷が付いて仕舞う事になる可能性も有ります。
この様にカラコンの2枚繰り返し使いはちゃんと危険な使い方それで、絶対にとめる様にください。