フルーツ類、スイーツを贈る場合

お歳暮に限った事ではないかも知れませんが、食品の贈り物をおこなう際に最も角が立たず、どんな年代のどんな立場の相手にだとしても通用する万能な品物が、フルーツの詰め合わせです。

本質的に、フルーツを贈るケースではは詰め合わせ品物や箱ごとの品物を選択するのが世間一般的です。

高級メロンなどのケースではは単体で贈る事も出来ますが、それ以外ならば箱ごと贈る事になるでしょう。

近頃のお歳暮品物は、フルーツ一つとてつもなく実に多彩なラインナップになっています。

りんごやみかん、ラ・フランスといった、冬季の時期に食べられるフルーツが沢山一方、いちごやメロンといったオーソドックス品物も有ります。

それらの果物を詰め合わせにした品物も、お歳暮の品としては大好評です。

フルーツとスウィーツの中間として、果肉入りゼリー等も沢山ですね、。

ゼリーは子供にも喜ばれる一方、歯が弱い高齢者がいるご家族だとしても喜ばれます。

その為、贈り易い品物と言えます。

高級な物だとそこそこの価値がしますし、かなり広スポットに贈れる品物ですのです。

スウィーツ関係では、和菓子と洋菓子のどちらかを選択するのが世間一般的です。

和菓子のケースではは、せんべいの詰め合わせや羊羹が沢山ですね。

地元の名産品も、喜ばれるのではないでしょうか。

ここで忠告したいのは、高齢者だからおかきやおせんべいを贈ると決め付けない事ですね

歯が弱い人のケースではは、それらの食品は食べられない事もあるからです。

洋菓子は、クッキーをはじめとした焼き菓子もあれば、オシャレな物も沢山有ります。

意外と、高齢者も洋菓子を喜ぶことが沢山やうです。

色々かんがえて贈ってみてちょうだい。

物持ちの良い物を贈る場合

どうしてもお歳暮を贈る時期と言うのは忙しいもので、贈られる相手も当然時間的な余裕がないと言う人が沢山かとおもいます。

そこを気遣うケースでは、やはり物持ちの良い、賞味期限の長い物を贈るべきでしょう。

そうなってくると、やはり乾き物等が中心なってはないでしょうか。

例として挙げると、海苔、昆布、鰹節、椎茸等ですね。

海苔や鰹節は、ご年配の方に贈るとかなり喜ばれる確率が高いかとおもいます。

昆布や椎茸は、クッキングの上手い奥様がいるご家族に送ると喜ばれます。

お歳暮で本格的な椎茸や鰹節や昆布をもらって、それを使用しておせちクッキングを創ると言うご家族も沢山ことでしょう。

米や餅もよくお歳暮に贈られます、。

米はどんなご家族だとしても食す物ですし、あるくらいの年齢のご家族であるのなら疎まれる心配は有りません。

米を贈るケースではは、出来れば地元が米何処ろと言う地方のケースではが望ましいでしょう。

餅は正月を対象とした餅ですね。

餅も水につけておけば長持ちするので、物持ちの良い食品の一つと言えます。

後は、麺類も大好評です。

本質的には乾麺を贈る事になりますが、乾麺のセットはうどんもそばもそうめんも大体3,000円くらいで買えます。

ある意義、一番買い易い品物かも知れません。

うどんは鍋クッキングをおこなうご家族であるのなら重宝しますし、あって困る事のない食材ですのでお奨めです。

後は、缶詰の詰め合わせ等も物持ちの良い食品の一つです。

缶詰と言うと安い想像が有りますが、蟹缶やスープの缶詰は結構な価値がします。