生製品を贈る場合

年末になると、お歳暮に何を贈るべきか問題ますよね

近頃、インターネットによる通信市販が大きなシェアを獲得してきている事もあり、年末商戦におけるお歳暮のラインナップはかなり豊富になってきています。

お歳暮のカタログを眺めるだけで日が暮れるくらい、たいへん多くの品物が支度されているのです。

そういった品物のなかだとしても、特に大好評が高いのはやはり食品類です。

一番外れがなく、喜ばれ易いと言う理由ですね。

もらう側としても、食品であるのなら嫌いな物でない限り必ず食すわけですので、本質的には嬉しいもののはずです。

では、その食品のなかで、特に喜ばれ易いお歳暮の品物と言うのは、どんな物でしょう。

やはり高級な食品だとおもいます。

そして、高級な食品はだいたい、生生産品です。

例を挙げると、松坂牛、海老、新巻鮭、明太子等ですね、。

これらの品物のケースでは、忠告しなくてはならないのが賞味期限です。

もらって1~2日で賞味期限が切れるようなフードをもらっても、受け確保する側としては困ってしまいますよね。

本質的にこのような生ものは宅配を頼む事になるとおもいますが、何日に到着するかをあらかじめしっかり確かめてから宅配を頼むようにしなくてはなりません。

高級食材だから贈っておけばそれで喜ばれるだろう、と言う安易な贈り方はしないように心がけておきましょう。

あと、牡蠣やふぐのようなあたる見込みのある物は、お歳暮としては抑えたほうが良いかも知れません。

お歳暮は年末の忙しい時期にもらうので、それをつい忘れていて、だいぶ時間が経ってから食すと言うご家族は沢山ものです。

加工食品を贈る場合

数多の品物が並ぶお歳暮のなかで、一番買い易い、そして贈り易い物といえば、プロセッシング食品かも知れません。

食品ですので、だいたいの人には喜ばれますし、プロセッシング食品のケースではは生ものと違って賞味期限が長い分、余裕をもって贈る事が出来ます。

お奨めはハムですね。

ハムは高い物になると結構な価値しますし、高級ハムはだいたいのご家族で喜ばれます。

特に、子供がいるご家族にはかなりの見込みで喜ばれる品物と言えるでしょう。

友人や親等に贈るケースではは、ソーセージだとしても良いですね。

ソーセージも、常々食している弁当箱に入っているようなウインナーソーセージや、お手ごろ価値の物と言うのはギャップ、本格的な物を見繕えば、立派なお歳暮品物となってきます。

子供にも喜ばれる食品ですし、そこまで高級感がない分、兄弟のご家族等に贈るのには最適ではないでしょうか。

水産プロセッシング品として大好評を集めるのは、明太子です。

特に福岡の博多をはじめとした九州地方では、明太子は喜ばれます。

明太子のケースでは、そのままごはんのお供として食してもオイシいですし、スパゲティと絡めて食してもオイシいので、若い人からご年配の方まで幅広く喜んだとしてもらえるでしょう。

ただ、好きが分かれるところもあるので、あらかじめ贈る相手の嗜好は調べておいたほうが良いかも知れませんね。

プロセッシング食品のメリットは、贈る側、贈られる側双方が気を使用せずにすむ点です

松坂牛や蟹ほど高くないので買い易いですし、贈られた側もそこまで気を負わずに済みます。

幅ワイド相手に有効なお歳暮品物と言えるでしょう。