年配の方にお歳暮を贈る場合

お歳暮と言うのは、結構ご年配の方に贈る機会が沢山ですね。

上司にしても、恩師にしても、あるいは習い事の先生や大家さん等は、かなりの確率で自分より大分上の年代の人かとおもわれます。

自分の親ならともかく、それ以外でご年配の方にお歳暮を贈るケースでは、どんな物なら喜ばれるのかと言う事をかんがえるのは、容易ではないですよね。

では、ご年配の方にお歳暮を贈るケースでは、どういった選択法をすることによって良いのでしょう。

一番良いのは、相手の好きに合わせた贈り物です。

ビールがお好きならビールを、ワインがお好きならワインを。

これが一番確実に喜んだとしてもらえます。

ただし、相手の好きの物を贈るケースでは、安物を贈るのだけは避けましょう

これは一番危ないケースです。

曲解される恐れも有ります

あるくらい、価値を伴った品物を選択するようにしましょう。

相手の好きが分からないケースではは、無難にいくのが好ましいですね、。

ご年配の方に変わった事をおこなう必要は有りません。

食料品あるいは日用品を贈るのが確実です

食料品であるのなら、蟹缶が大好評があるといわれています。

ご年配の方は蟹がお好きな人が沢山やうです。

常々あまり食べない物だとしてもあるので、喜ばれる見込みは高いでしょう。

蟹をもらったとなれば、周囲への面目と言う意義だとしても問題なく立ちますので、おススメです。

それ以外であるのなら、コーヒーやビールが大好評と言われています。

意外とお安く済むので、経済的に余裕のない人にはお奨めです。

後は、高級フルーツセットや漬物、和菓子、洋菓子等も喜ばれ易いやうです。

喪中の相手にお歳暮を贈る場合

いろんな相手にお歳暮を贈るケースでは、中には喪中の方がいるかも知れません。

そういった時、はたして贈っても良いものか、また贈るとしたらどんな物を選択するべきか、かなり神経を使用する事になるかとおもいます。

まず贈るかどうかですが、本質的にお歳暮はお祝い事に贈る物ではないので、喪中であっても贈って問題有りません。

あくまだとしてもお世話になっている事への感謝の気持ちの心持ちを表すものですので、喪中であっても失礼には値しないのです。

ですが、モデルや中身には忠告は必要です。

例えば、一定段階お歳暮は水かけに紅白の物を使いますが、喪中のケースでははこれを使用しないようにしてちょうだい。

変わりに白無地の短冊等を使用して贈ると良いでしょう。

もしお歳暮を贈る時期に不幸があったケースではは、一旦抑制するようにしましょう、。

49日の法要後、忌明けとなってから贈るのが正確礼儀です。

これによって年をまたぐケースではは、寒中見舞いとして贈るのが好ましいでしょう。

このケースではは、遅れてすいません、等と手紙に表記する必要は有りません。

お悔やみの言葉を添えるのは問題有りません、。

中身に関連しても、それ程心配する必要は有りません。

本質的に、お歳暮に贈る物に目出度い物、お祝いの物はないので、だいたいのお歳暮で問題ないでしょう。

鯛等を送るのは抑制するようにしてちょうだい。

逆に贈る側である自分の身内に不幸があり、喪中となったケースではも、本質的には同じです。

お歳暮を贈る上では問題有りませんが、出来れば忌明けを待つようにしましょう。