取引先の方や仕事上付き合いのある方にお歳暮を贈る場合

お勤め関係の相手にお歳暮を贈るケースでは、上司ほど絶対的ではなく、友人や同僚ほど軽く見る事も出来ないのが、取引先の相手やお勤め上の付き合いのある先輩等です。

取引先の相手のケースでは、もしその年度や近い年度の取引ではお世話になっているのであるのなら、確実に贈る必要があるでしょう。

このケースではは上司以上に気を遣って贈る必要が有ります。

ただ、このような関係の相手のケースでは、一体何年くらい贈り続けるべきなのかで悩むことがよく有りますよね。

止め何処ろが難しいと言うのが実状でしょう。

あまり会う機会がなくなったから止める、だと少し失礼にあたるとかんがえる人も沢山のではないでしょうか

そういうケースではは、少しずつ額面を落としていくとか、お中元だけ先に止めるとか、段階を踏むのが良しとされています。

あまり露骨にグレードを下げるのは失礼にあたるので、1,000円ず創らい下げて、2,000円以下になった翌年に止める等したケース良いでしょう。

いきなりパッタリ止めると、相手がいい気持ちとおもわない事もあるので、少しずつフェードアウトするのが好ましいですね。

勤め先の先輩に対しては、同僚や友人と同じ感覚で良いかとおもいます。

お世話になっている人には確実に贈るようにしましょう。

特ににその年お世話になった人は当然、日頃接する機会の沢山先輩等に心遣いをおこなう事も忘れないようにしておきたいところですね。

取引相手や先輩等に贈るお歳暮のケースではは、3,000円くらいで問題有りません。

取引相手のケースではは上司に対してと同じで、品物券等は贈らないようにしましょう。

恩師や習い事の先生にお歳暮を贈る場合

よくお歳暮を贈る相手として候補に挙がる人といえば、恩師や習い事の先生でしょう。

ただ、このような人たちのケースではも、贈るべき相手とそうでない相手の選別が難しいですね。

恩師と一言で言っても、学校の先生と言うのは小中高大と一通り学校に通っていた人にとっては、相当な数になります。

誰に贈るべきかと言う基準は自分にしか分からないところですので、なかなか難しいですね

と言うのはいえ、本質的に恩師に関連しては、よっぽどお世話になった人以外には贈る必要は有りません

小中高のなかで、それこそ自分が今しっかり世間人として生きているのはこの人のお陰と言えるくらいにお世話になった人に対しては贈るようにしましょう

そうでなければ、いくら恩師だとしても無理に贈る必要は有りません。

目安としては、もし結婚式をおこなうケースでははこの人を呼びたいと言うような恩師がいれば、その人には付き合いの持続と言う意義だとしてもお歳暮を贈っておくと良いでしょう。

一定段階教員はお歳暮は受け確保できませんが、卒業生であるのなら問題有りません。

習い事の先生のケースではは、本質的には贈るようにしておきましょう。

割とそういうところに神経を使用する方が沢山のが、習い事の先生です。

特に、儀礼を重んじる習い事のケースではは確実に贈る必要が有ります。

習字や華道、茶道等ですね。

ただ、子供の習い事の先生に関連しては、無理に贈る必要は有りません。

このような人たちへのお歳暮の相場は、3,000円くらいが相場です。

よく習い事の先生等に対してはマネーゲームとすらおもえるくらい、競って高いお歳暮を贈ると言うような光景が一部で見られますが、無理をおこなう必要は有りません。

礼を失しないスポットで行なうと良いでしょう