会社の上司にお歳暮を贈る場合

お歳暮を贈る相手としてよく候補に挙げられるのは、会社の上司ではないでしょうか。

日頃お世話になっている人と言う点で言えば、最もダイレクトな立場の人と言えます。

当然目上の相手ですし、失礼のないようお歳暮、お中元はしっかり贈るようにしておきたいところです。

そういった上司に対しては、どんな物を贈るべきですのでしょう。

本質的には、これは贈ったらダメ、と言うものは殆んど有りません。

おストアーに並んでいるお歳暮の品であるのなら、だいたいは問題なく受け入れられるでしょう。

ただし、一人暮らしをしている方のケースでは、タオルや食材等は抑えたほうが良いかも知れません

出来れば、需要に合った物を見繕うべきですね。

お酒がお好きな上司ならばビールや地酒を、子供の沢山ご家族の上司ならばハムや蟹などの食料品をと言う感覚で決めていけば、割とスムーズに決められるかとおもいます。

上司のケースでは、接する機会も沢山とおもいますから、その機会にどんな嗜好を持っているか、どんなファミリー構成なのか等と言う事を聞いておきましょう。

ただ、上司に対してお歳暮に品物券や金券等を贈るのは失礼にあたるので、忠告してちょうだい。

上司に対するお歳暮の相場は3,000~5,000円くらいです、。

このスポットはあくまだとしても相場ですので、例えば2,000円くらいで良い物が見つかったと言うケースでははそれを贈っても全く失礼にはあたりません。

本質的に、お歳暮にかける額面はどの相手に対してもこれくらいですね。

同僚や友達にお歳暮を贈る場合

上司と言うのは対照的に、同僚や友達に対してお歳暮を贈るケースではは、かなりくだけても問題ないでしょう。

品物券等だとしても一向に構いません。

むしろ喜ばれるかも知れませんね。

本質的に、同僚や友人といった関係の人たちに対してお歳暮を贈ると言うケースも、そう多くないのが実状でしょう。

現実に問題、友人が沢山人はその人達みんなに贈っていたらキリが有りません。

それでいて、何人かに贈って他の人に贈らないと言うことになると、角が立ちます。

あまりそういった関係の人に対してお歳暮を贈ると言うかんがえがない人にそれを贈ると、相手にかなり気を使わせる事にも繋がります、。

その為、友人知人、同僚等に対しては贈らないと言う選択肢も十分考慮に入れておきましょう。

ただ、その年に明らかにお世話になった人に対しては、話は別です。

例えば、自分が不慮の事故でお勤めに穴を開けた時にフォローしてくれたとか、ファミリーに対してたいへんよくしてくれたとか、引越しの手伝いをしてくれたとか、お見舞いに来てくれたとか、そういった理由があるケースではは、この機会に感謝の気持ちの心持ちを伝える意義だとしても、贈っておいた方が良いでしょう。

その際には、一筆、その旨をしたためておくと、相手の方も気を遣わずいいですね。

同僚や友人に対して贈るお歳暮の相場額面は3,000円くらいです、。

現実にには3,000円も必要ないかも知れませんね。

このような関係の人たちに贈るケースではは、やはり気を遣わせないようにするのが最良です。

ご家族を持っている人であるのなら、事実の使用性の高い洗剤や米等が喜ばれるでしょう。