届いたかどうかの確認の仕方

自分が贈ったお歳暮がしっかり相手に届いたかと言う事は、やはり気になるものです。

当然、宅配便や郵便局を活用したケースでは、相手に届かないと言う事は滅多に有りません。

ただ、住所を書き間違えていたケースではや空白があったケースでは等は、届かない見込みが有ります。

そうなってしまうと、贈るべき相手に贈っていない事と同じ事になってしまいます。

それを防ぐ為には、相手方に届いたかどうか確かめるのが一番でしょう。

ただ、自分から“届いたでしょうか?”ときくのも、御礼を催促しているやうですし、恩着せがましい感想や感覚方を与えてしまうと言う懸念が生まれます。

相手から電話での御礼があればそれが一番でしょうが、必ずしもそれがあると言うのは限りません。

手紙等で御礼を届けている見込みもありそのケースではは届くまでに時間がかかります、。

相手方にお歳暮が届いたかどうかを確かめる随一の方式は、宅配業者に問い合わせる事です。

近頃は、インターネットを使えば容易に配達状況が分かります。

自分自身でインターネットを調べられなくても、業者に頼めば早速に確かめてくれます。

ただし、調べるには荷物番号が必要なって、オーダーした際にもらう伝票の抑え等を必ず取っておきましょう。

もし、何らかのトラブルで届いていなくて、まだ時間がかかると言うケースではは、相手への連絡をおこなう必要があるケースではも有ります。

届くのが1月にずれ込むケースでは、あらかじめ何日頃に届くと伝えているケースではです。

その際には、速やかに連絡を確保するようにしましょう。

受けとれない立場の場合

お中元やお歳暮は、立場上の理由で折角贈ってもらっても受け確保できないケースが有ります。

例えば、学校の教員がやうですね。

生徒の父兄からお歳暮を贈ってこられても、これは受け取ってはいけません。

病院の先生等も、名目上はやうです。

公務員も立場上受け確保できないケースが沢山です、。

このような立場に存在する人は、まずは差出人の名前を確かめましょう。

受け確保する際に、宅配のケースではは差出人をまず見ると言う事がたいせつです

配達の人がいなくなってから確かめるのではなく、受け確保する際早速に確かめなければならないからです。

受け取り印を押したりサインをしたりする前に、まず名前を見ましょう。

そして、その差出人が立場上受け確保するわけにはいかないケースでは、つまり賄賂等に該とうするケースではは、受け取り拒否をおこなう必要が有ります。

その旨を配達の方に伝えましょう。

受け取り拒否としてプロセシングされるので、これで問題は有りません。

もし、誤って受け取ってしまい、既に捺印やサインをしてしまったケースではは、中身を開けず、そのままの有り様でより一層包装し、送り返すようにしましょう。

ただし、何も添えずに送り返してしまうと、相手に不快な感想や感覚方を与えるだけになってしまいます。

受け取り拒否をしたケースではも、相手にそのまま届くので、同じ感想や感覚方になるでしょう、。

このケースではは、一文添えるのが一番です。

受け取り拒否のケースではは手紙を、送り返すケースでははその荷に受け取り拒否の理由を一文添えれば、相手方も納得するかとおもわれます。

電話で直接話すより、センテンスにした方が良いやうですね。