お歳暮は手渡しが良いか

相手に対して礼を尽くそうとかんがえるケースでは、お歳暮を宅配で贈って良いものかとかんがえる人もいるかも知れません。

それと比べると、直接伺って手渡しした方が良いと言うかんがえですね。

現実にには、直接渡した方が良いものですのでしょうか。

これは、実は結構かんがえが分かれるところです。

確かに、直接伺って渡すと言うのが、一番礼儀としては正確ようにおもえます。

ですが、年末の忙しい時期に時間を作って渡すと言うのは、相手の都合によってはあまり好ましくおもわれないケースも有ります。

そこに気を使用するくらいなら配達にして、配達時間をしっかり相手のいる時間に指定する方が喜ばれる見込みは十分有ります。

特に若い人のケースでははこの方が良いかも知れません

一方、ご年配の方のケースではは、しっかり先に連絡を入れ、時間を作ってもらい、相手方の家に直接向かう方が好まれるケースが沢山かとおもいます。

ただし、これもあくまで全体の傾向です。

贈る相手がどんな立場で、どんな性格で、今どれくらい忙しいかと言う事をかんがえ、どちらにするか決めると良いでしょう。

お歳暮を直接渡すケースではは、玄関先だけで渡すと言う事はあまりなく、本質的には相手方から部屋に通してもらうケースが殆んどです。

よっぽど時間が迫っていない限りは部屋に通してもらい、相手方が座った後で渡すようにしましょう。

熨斗の言葉の向きは、しっかり相手側から読み取れるようにして渡す事。

宅配のケースではは、挨拶を記した手紙を添える事を強力に推奨します。

それ程長くならないよう、近況報告と相手への気遣い位に留めておくのが良いでしょう。

熨斗はしっかり用意しよう

本質的に、お歳暮を贈るケースではは熨斗をしっかりつける事が礼儀とされています

特に、手渡しで渡すときには、自分自身で支度する必要があるので、失念しないよう忠告が必要です。

熨斗と水引はあらかじめ支度しておきましょう。

ただし例外として、生もののケースではは必要ないやうです。

熨斗の表記の手法は、表書きに“御歳暮”と書き、自分の名前や会社名を添えます。

“御礼”だとしても構いませんが、基本は御歳暮でしょうね。

水引は蝶々結びが基本です。

紅白の色の物を支度するようにしましょう。

手渡しではなく宅配のケースでは、今は御歳暮である事を伝えれば、だいたいその品を買ったおストアー側がしっかりやってくれるやうです。

一応礼儀として、手渡しのケースではには外熨斗、配達のケースではは内熨斗を使用したケースいう決まりが有ります。

手渡しの時は忠告しましょう。

宅急便であるのなら、おストアーの人にお任せで問題有りません。

もし気になるようであるのなら、オーダー時におストアーの人に添えておきましょう。

近頃は、カタログギフトからお歳暮を選択するケースも増加しています。

郵便局等だとしても、そういった贈り方を結構奨励していますね。

そのケースではは、熨斗に関連してはかんがえる必要は有りません。

サービスとしてしっかりやってくれるでしょう。

こんな熨斗などの礼儀と言うのは、当然しっかりするに越したこと言うのは有りません。

ただ、間違ったからと言って、そこで仲にヒビが入る等と言う事はないので、万が一間違ってもそれ程落ち込む必要は有りません

たいせつなのは、贈ると言う心です。