お歳暮の歴史

ニホンにおける年の暮れの事を“歳暮”と呼ぶことが有ります。

近頃における“お歳暮”は、ここからきているのです。

お歳暮の起源は、はるかの昔に御先祖様の霊魂を迎え、その霊魂のためにお供え物をし、そのお供え物を親族や近所の人たちに配ると言う風習“御霊祭り”だと言われています。

このような風習が、年末になると、その年度の、あるいは、これまでにお世話になった人たちに感謝の気持ちの心持ちを伝える為に物を贈る“お歳暮”になり、現代に至ると言われています。

ニホンでは、このような“感謝の気持ちの心”をたいせつにする風習は、昔はたいへん多くありました。

しかし近頃、隣人とも殆んど顔を合わせない、挨拶もしないと言う人がかなり増加してきています。

親戚の集まりと言うのも徐々に少なくなってきており、感謝の気持ちの心自体が薄らいできていると言うのが、今のこの時代の一面と言えるかも知れません。

だからこそ、お歳暮のような礼節を表現する風習はたいへんたいせつですのです。

今の若い人たちだとしても、このお歳暮やお中元に関連しては、しっかりやっていると言う人が沢山やうです。

やはり、いくらこの時代が変化しても、このような感謝の気持ちの心を表す為の風習と言うものはたいせつにしていかなくてはなりません。

その為には、まずお歳暮と言うものがどういったものなのか、どんなマナーがあって、どんな物を贈るべきなのかと言う事を知っておくと、世間人としての責任や人間としての責任をしっかり果たせることに繋がっていきます。

お歳暮の事は、出来れば世間に出る前に一通り覚えておきましょう。

現在のお歳暮

日頃の感謝の気持ちを込めて、年末の時期に贈り物をおこなうと言う風習のお歳暮。

しかしこの風習も、時が経つにつれて徐々にそのあり方が変化してきているやうです。

ただ、悪い方向にばっかり向かっているわけではなく、むしろより良い方向に進行していると捉える事も出来ます。

近頃のお歳暮は、昔ほど多くの人に対して贈らなくなりました。

これは不況の影響もなくはないのですが、それだけでは有りません。

より、贈るべき相手を厳選して贈る傾向が強力になっているのです。

一見ケチっているようにおもえますが、そういうことでは有りません

昔からの風習と言うのは、悪い意義で“義務的”“事務的”なところが有りますよね。

とりあえず、世間常識として贈っておく。

体裁を整える為に贈る

そうしないと、世間人としての良識を疑われる。

親からきつく言われている。

このような、“義務的”“事務的”なお歳暮は、昔はたいへん多かったやうです。

ですが、これは実に感謝の気持ちの心と言えるのでしょうか?その答えが、近頃のより厳選していくようになった傾向に顕現ているのではないでしょうか。

お歳暮を贈るということは、もちろん義務ではないのです。

まして、高額な物を贈らないと失礼にあたると言うことでは、むしろそれ自体が失礼です。

古きよき時代と言う言葉があるように、このような仕来たりや風習と言うのはどうしても昔の方が美化される傾向に有りますが、明らかに問題はありました。

そういう意義では、近頃のお歳暮のあり方の方が正確部位も多々あるのです。