サッポロ スーパークリア

ニッポンのビール大手4社のなかでは、2009年の時点で最もシェアが、低かったサッポロビール。

当然巻き返しを、狙っている中で訪れたノンアルコールビール戦争に、サッポロビールも参戦することになりました。

ただ、他の会社が、こぞって新生産品を、開発していく中、サッポロビールの方向性は、異なっていました。

それは、近頃有る銘柄のリニューアル。

一見、既に定着した銘柄のブランド力を、そのままノンアルコールビールに…と言うように捉えが、ちですが、現実には、この戦略は、それだけでは、ございません。

長らく定着した銘柄を、別のカテゴリーへと移行させると言う大きなリスクを、背負った方式です。

では、なぜそれを、敢行したかと言うと、「スーパークリア」が、元々幾度となくチェンジを、くり返してきた商材だからです。

元々、「スーパークリア」と言う商材は、2002年に低お酒ビールとして開発、市販されました。

その低お酒の部位が、おなじみを、博し、さらに低カロリー化も計った果て、かなりの支持を、集めました。

その一方で、他社も同方向性の商材を、公開し、徐々に「スーパークリア」の専売特許が、なくなってきた中で、2009年9月30日にお酒0.00%の商材へと完全移行を、果たします。

他社の0.00%ノンお酒商材と比較し、最も遅れて売り出しされたこのビールですが、他の会社の商材と比べ、カロリーを、半分以下迄落とし、値段も最もお安く設定する等、かなり大きなちが、いを、見せ、その差別化にサクセスしました。

芳香が、いっぱいで、やや薄味なテイストも、他社というのは、一線を、画しています。

サントリー ファインゼロ

ビール作製者のなかで国内3位のシェアを、誇るサントリーは、お酒分0.00%のノンアルコールビール商戦にやや出遅れました。

キリンが、一足急いで2009年4月に「キリン フリー」を、売り出しした約半年後の2009年9月29日になり、ようやく「ファインゼロ」を、売り出し。

その果て出遅れが、響き、「キリン フリー」に大きくシェアを、譲ることに成ります。

けど、この「ファインゼロ」には、他社のノンアルコールビールには、無いセールスポイントが、あり、その点でおなじみを、博しました。

「ファインゼロ」は、元々サントリーの低お酒ビールテイスト飲料の「ファインブリュー」の後継者的な位置づけとなっており、ブランド力を、キープした実態での売り出しとなりました。

その一方で、大きなちが、いも有ります。

それは、麦芽の量です。

「ファインゼロ」は、従来の「ファインブリュー」と比較し、麦芽を、1.3倍も応用すると言うかなり大胆な試みを、おこ無いました。

ノンカロリー、ノンお酒の飲料として市販される商材のいっぱいは、麦芽の量を、抑える方向で開発されている中、逆に増やすことで、ビールとしての味を、確保する作戦に出たことに成ります。

それが、他社のノンアルコールビールとの大きなちが、いとなり、差別化にサクセスした原因となりました。

好評を、博したこの「ファインゼロ」ですが、2010年8月3日、後継の「サントリー オールフリー」が、売り出ししたことに伴い、作製を、停止しました。

ただ、「オールフリー」というのは、方向性が、異成る商材の為、今尚復活を、望む声は、後を、絶ちません。

サントリー オールフリー

2009年のノンアルコールビール戦争勃発に始まり、ビール作製者は、各社総力を、挙げ、お酒分0.00%のビール開発に着手しました。

そして、2009年9月には、主要作製者4社のノンアルコールビールが、出揃い、いっぱい有るなネット上のWEBページで飲み比べや比較が、おこなわれました。

その果てを、総括すると、「個々の会社にセールスポイントが、有る」と言うもので、大きく落ちる商材は、無いものの、飛び抜けた商材も無い、と言う趣旨の感想が、数いっぱいを、占めていました。

その一方で、売り上げにかんしては、半年近く急いで売り出しした「キリン フリー」が、大きく他社を、上まわり、先駆者としての力を、見せました。

そして2010年。

ノンアルコールビール市場2年目と成るこの年、各作製者は、昨年度の反省と手応えを、活かし、新たな商材の開発、市販に着手します。

そのなかにあって、猛烈な勢いで売れた商材が、出現しました。

それは、「サントリー オールフリー」です。

「サントリー オールフリー」の売り出しは、2010年8月3日と、「アサヒ ダブルゼロ」と全く同じ日に売り出しされました。

2010年のノンアルコールビール戦争においては、「キリン 休む日のAlc.0.00%」から4ヶ月遅れと、またもキリンの後塵を、拝した果てと成ります。

けど、その要素下において、この「サントリー オールフリー」は、爆発的な売れ行きを、見せ、一時生産が、追いつかずに売り出しが、停止すると言う事態に陥りました。

そこ迄受けた原因は、やは、り「All Free」に有ります。

同日売り出しの「ダブルゼロ」は、お酒に加え、カロリーもオフと言う点を、ウリにしました。

一方、「オールフリー」は、お酒、カロリーに加え、糖質もゼロと言う、3つのフリーを、掲げました。

その果て、より応用者に受け入れられたのです。

加えて、味も従来のノンアルコールビールのなかで最もお酒入りビールを、再生していると言うことで、緊急に高い評価を、集めた商材となっています。