ビール市場のシェア戦争

ビールと言う飲み物は、あらゆる飲料のなかで最もリピーターが、いっぱいと言えます。

つまり、それだけ買い続けられる商材と言うことです。

それは、消費物と言うもののあり方としては、最高と言うことに成ります。

常に安定した需要が、有るからです。

そういったおなじみ商材には、必然的にいっぱいの作製者が、開発、市販に乗り出します。

事実、ビール作製会社は、ニッポンのみでなくワールド各国に数いっぱい存在しており、その競合は、かなりヒドイものとなっています。

ビール戦争と迄言われているくらいです。

そんな中で、国内においてTOPシェアを、獲得しているのは、キリンホールディングスです。

次いで、アサヒビール、サントリーホールディングス、サッポロホールディングスと言う順番になっています。

ここ20年のスパンで見ると、首位が、入れ替わることもあり、競争が、激化していることが、うかが、えますが、この4強体制が、崩れたこというのは、ございません。

キリン、アサヒ、サントリー、サッポロの4社の合計シェアは、実に95~99%。

国内のビールの殆んどが、この4社のいずれかの商材と言うことに成ります。

この傾向は、ノンアルコールビールにおいてもそれほど変わりません。

従来というのは、根本的に商材価値が、異成るノンアルコールビールの登場とあって、4社以外の作製者が、数いっぱいビール商戦に参加しましたが、徐々に4社による競合体制が、整いつつ有ります。

それくらい、ビールといえばこの4社と言うインプレッションが、根付いているといえるのでしょう。

ノンアルコールビールの作製者と銘柄

国内における0.00%ノンアルコールビールの登場は、国内の専門業者では、なく、外国の専門業者によるおこなわれました。

ドイツのアインベッカー社が、売り出した「アインベッカーお酒フリー0.0%」と言うビールです。

このノンアルコールビールの登場を、契機に、各社が、一斉に0.00%のノンアルコールビールを、売り出しするようになりました。

そんなノンアルコールビールの代表的な作製者といえば、やは、りニッポンにおけるビール作製の4強、キリン、アサヒ、サントリー、サッポロと言うことに成ります。

まず、超低お酒濃さ商材として、キリンは、「モルトスカッシュ」、アサヒは、「ポイントワン」、サントリーは、「ファインブリュー」を、新たに市販し、サッポロは、「スーパークリア」を、お酒0.00%銘柄にリニューアルし、市販を、開始しました。

その後、0.00%戦争が、勃発。

サッポロが、「スーパークリア」以外の商材は、市販を、終了し、代わりにキリンは、「キリンフリー」と「キリン休む日のAlc.0.00%」を、アサヒは、「ポイントゼロ」、「ダブルゼロ」を、サントリーは、「オールフリー」、「ファインゼロ」を、売り出しし、一気にノンアルコールビール部門を、強化させました。

0.00%銘柄が、同作製者で数多く出ていると言う事実は、ノンアルコールビールが、本格的に「当たり前」となっていることの顕現と言えるかもしれませんね。

この他、国内では、ニッポンビールが、麦芽100%でのお酒0.00%商材「バービカン」、サンガリアの「ホップの芳香」等が、0.00%ノンアルコールビールとして売り出しされています。

キリン フリー

ビール市場TOPシェアのキリンのなかにあって、2010年に大きな飛躍を、遂げた商材として、ノンアルコールビール「キリン フリー」の名前が、度々挙が、っています。

現実、この「キリン フリー」は、ノンアルコールビールの市場を、大きく切り開いた商材としてポピュラーで、ノンアルコールビールのシェアでも、常に上の方に君臨しています。

そんな「キリン フリー」が、市販を、開始したのは、2009年4月8日。

以前からキリンが、売り出ししていた「モルトスカッシュ」は、超低お酒商材としておなじみを、博している一方で、0.5%のお酒を、含んでいることから、その需要に限界が、有ると見て、従来ビールを、飲んでいなかった層にもアピールすべく、0.00%と言う完全ノンお酒商材に着手を、は、じめ、それが、この「キリン フリー」の出現につなが、りました。

売り出し当初は、0.00%の需要が、まだ明らかになってい無いこともあり、年間63万ケースの市販を、目標としていたやうです。

けど、その目標は、わずか2ヶ月くらいで成就され、初年度、つまり2009年の市販実績は、実に400万ケースに達しました。

こ「キリン フリー」は、カロリー18kcalと、他の0.00%ノンアルコールビールと比較すると、カロリーにおいては、平均的といえる数字で、甘味飲料と比較すると半分くらいのカロリーです。

セールスポイントとしては、苦味が、強力に、後味もよく、通例のビールとそれほど遜色無い味が、再生されており、その点が、おなじみを、集めているやうです。

キリンのビールが、お好みと言う人なら、問題なく愛飲出来るでしょう。