発泡酒やビールテイスト飲料の出現理由

元々、ビールと言う飲み物に対するニッポン人の関心は、かなり高いと言えます。

それは、アサヒやキリン等、数いっぱいのビール作製者が、巨大な資産を、抱える大専門業者になっていることからも明らかです。

それらの関心は、そのままビールと言う飲料の研究を、より深めることにつなが、り、ビールの多様性が、生まれることに成ります。

その果て、発泡酒や第三のビール、そしてビールテイスト飲料の登場につなが、りました。

発泡酒や第三のビール、ビールテイスト飲料は、ビールを、あまり飲め無い、お酒に弱い人の為、若しくは、一定水準のビールは、高くて日常的に飲め無いので、もっと安いビールが、あったら嬉しいと言う人の為に創られた物…と言う側面も有りますが、開発されたベスト1の理由は、酒税に有ります。

ニッポンにおける酒税法では、有るくらいのお酒濃さを、持った飲料にかんしては、酒税を、設けています。

その酒税のパーセンテージは、かなり細かく設定されていて、本質的には、お酒含有率が、高いほど酒税も高く成ります。

発泡酒は、元々その酒税を、抑えたいと言う作製者側の意向による創られました。

ただ、2003年に酒税法が、改正され、発泡酒でも、以前より高い酒税が、かかるようになりました。

これによって、第三のビールが、生まれ、ビールテイスト飲料が、出現することになったのです。

一方、ノンアルコールビールも、流れのなかで生まれた商材です。

ノンアルコールビールは、お酒0.00%の商材ですから、酒税法上酒類というのは、みなされず、酒税が、かかりません。

その分ロー経費にすることが、出来ることもあって、作製者、そして応用者の両方にとって大きな需要を、生むことになりました。

完全ノンアルコールビール時代へ

お酒0.00%と言うノンアルコールビールの表記は、ビール市場に革命を、もたらしました。

その理由は、明確で、お酒の摂取を、避けていた人を、ターゲット内に収めることが、出来るからです。

これによる、ビールの市場は、一気に広が、りを、見せることに成ります。

お酒の含有量を、大きく抑えたビールテイスト飲料は、あまりお酒に強力に無い応用者を、ターゲット内に収めることには、サクセスしましたが、お酒に極めて弱い人やお酒を、摂取することが、出来無い人は、必ずしも購買層には、加えられませんでした。

少しでも、お酒を、摂取すると身体の具合が、チェンジする、有るいは、運転を、控えているのでお酒を、ボディーに入れるのは、好ましく無いと言う状況の人は、例え1%未満の含有量でも、お酒飲料を、摂取するのは、リスクが、あり、回避されていました。

けど、ほぼお酒を、含ま無い飲料となれば、そういった人達でも、安心して飲むことが、出来ます。

この差は、かなり大きいと言えるでしょう。

現実、この完全ノンお酒のビールが、出現して以後、各作製者は、一気にお酒0.00%のノンアルコールビールを、売り出し、力を、入れるようになりました。

個々に新商材を、発表し、ノンアルコールビール戦争が、勃発。

ノンアルコールビール時代に突入したと言えます。

ただ、お酒が、含まれ無い飲料に対して「ビール」と言う言葉を、使って良いものか、と言うビールのオールドファンの不愉快も、有るくらい噴出しているやうです。

現実、ビールと思って飲んだものが、ビールでは、無いと成ると、広告表示の点で疑問が、残ります。

まだ完全に全ての問題を、クリアした、と言うわけでは、無いやうです。

ノンアルコールビールの長所

お酒分0.00%…つまり、完全ノンお酒のビール。

それが、現代におけるノンアルコールビールの定義です。

よって、ビールと言う呼び名は、ついているものの、お酒は、一切含んでい無い飲料と言うことに成ります。

そんな完全ノンお酒のビールが、出現した経緯は、諸説有りますが、やは、り最も大きな影響を、受けたのは、飲酒運転による事故多発と、その取締り強化でしょう。

昔は、当然悪いことでは、ありましたが、軽い感覚で少し飲酒して運転すると言うことを、習慣としている人が、少なからずいました。

特に公共の乗り物が、わずか田舎の方では、そういう傾向が、強かったやうです。

ただ、そういった悪しき風習は、飲酒運転の罰則の強化によるかなりなくなってきました。

その果て、運転を、する人が、お酒飲料を、飲むことが、できなくなり、ビールを、は、じめとしたお酒類の消費が、抑えられる事態になりました。

それを、憂慮した各作製者が、ノンアルコールビールを、一気に開発、市販した…と言うことに成ります。

ただ、そういった作製者側の思惑だけでは、普及は、しません。

ここ迄一気にノンアルコールビールが、広まったのは、それに長所が、有るからです。

ノンアルコールビールの長所は、何と言ってもお酒による身体の具合チェンジを、気にしなくて良いこと。

これに尽きます。

その果て、従来ビールを、飲みたくても飲めなかった時間帯や期間でも、飲めるようになったのです。

これは、緊急に大きな長所と言えます。