ビールを、飲むエリア、飲ま無いエリア

夏といえば、何を、連想しますか?

そんな質問を、されたケース、いっぱいの学生は、「暑い」「海」「夏休み」「スイカ」等と回答するのでは、無いでしょうか。

これが、世間人になってくるとその回答の傾向は、大きく様変わりし、いっぱいの人が、「ビール」と答えるでしょう。

それくらい、ビールと言う飲料は、ニッポンの夏、有るいは、ニッポンにおけるお酒飲料の中心として根付いているのです。

そんなニッポンのなかでも、ビールの消費が、いっぱい都道府県、わずか都道府県と、格差が、かなり大きく存在しています。

消費が、いっぱい都道府県は、やは、り都市部と呼ばれるエリアが、いっぱい、一人当たりの消費量でベスト1いっぱいのは、東京都です。

大阪府も4位につけており、かなり高い位置にいます。

けど、これらの都道府県と同等に近い規模を、誇る愛知県は、18位、神奈川県は、38位と、必ずしも人口や都市部で有ることが、ビールの消費量と関係しているというのは、限りません。

逆に、東京、都市部からは、離れた高知県が、2位、沖縄県が、3位と、人口よりお酒のオリジナルの文化が、進んでいるエリアで消費されている傾向が、見受けられます。

お米何処ろと呼ばれる新潟、秋田もTOP10に入っており、比較的関東から離れたエリアの方が、むしろビール消費が、いっぱいかもしれません。

ビールと言う飲み物は、ニッポン全国共通の娯楽とも言えます。

そして近頃、そのビールの新たな形態として「ノンアルコールビール」が、トレンドっています。

今迄のビールやビールテイスト飲料というのは、根本から異成るこの「ノンアルコールビール」が、以来のニッポンの飲料市場を、リードしていく出来る性は、緊急に高いといえるでしょう。

ビール大国ニッポンの崩壊とビールテイスト飲料

かつて、ニッポンは、「ビール大国」と呼ばれるほどビールの消費量が、いっぱい国でした。

特にバブル全盛期は、いっぱいの人が、経済的に潤っていたため、連日連夜ビールを、消費する実態が、続いていたのです。

けど、バブルは、弾け景気が、停滞、沈下して行く中、娯楽ともいえるビールは、節倹の対象となり、また飲酒運転に対する取締りの強化もあって、一時ほどの大きな消費が、されなくなり、「ビール大国」と言う言葉は、ニッポンには、応用されなくなりました。

現実、2008年の時点で、ニッポンは、消費量自体は、ワールドでも、7位と高い位置にいるものの、国民一人当たりの消費量は、39位と、かなり低めの位置にいます。

消費量自体、10年前の1998年と比較すると100万kl程低下しており、ビールが、飲まれなくなったことを、示す果てとなりました。

そんな中、ニッポンでは、いわゆる「ビールテイスト飲料」と言うものが、徐々に浸透していました。

これは、お酒の含有量が、1%未満に抑えられたお酒の極めてわずか飲料で、その上でビールの味を、再生している「ビールであってビールで無い飲み物」です。

この1%未満と言うお酒の含有率は、ニッポンにおける酒税法上、酒類というのは、が、い当されません。

これによって、当初は、「ノンアルコールビール」と表示されていました。

けど、このノンアルコールビールと言う表示は、お酒濃さ0%を、連想させる表記の為、お酒を、ごく微量でも、摂取すると身体の具合を、悪くしたり、病状を、悪化させたりする人に対して誤解を、与えてしまい、そういった人達の健康に悪い影響を、与えかね無いと言うことで、「ビールテイスト飲料」と言う呼び名に変更しました。

ビールテイスト飲料から再びノンアルコールビールへ

お酒濃さ1%未満と言う、極めてお酒が、わずか飲料としておなじみを、博したビールテイスト飲料ですが、徐々にその需要には、限界が、見られるようになりました。

元々ビールが、お好みでたまら無いと言う人にとっては、お酒が、極めてわずかビールテイスト飲料は、物足りず、車の運転等を、控えている人にとっては、完全に0%では、無いと言う点で不安が、残り、果て飲むのを、ためらう状況になったからです。

ビールテイスト飲料が、普及する前にも、ニッポンでは、発泡酒や第三のビールといったお酒濃さを、抑えたビールが、登場しており、それらとの差別化が、徐々に困難となり、果てとしてお酒を、飲み始める人にとっては、わかりにくい状況が、生まれてしまったのです。

ビールと一言で言っても、その部類は、ビール、発泡酒、第三のビール、ビールテイスト飲料といっぱい、それらの部類の中のどれが、どれだかわから無いと言う、混沌とした状況になっていたのです。

そんな中、2009年にようやくその線引きを、決定的にする商材が、登場します。

ノンアルコールビールです。

かつて、ビールテイスト飲料が、そう呼ばれていた物というのは、異なり、正真正銘お酒0.00%の飲料です。

当然、通例のビールと比べれば味は、少々違っています。

けど、ノンアルコールビールは、お酒が、入ってい無いわけですから、ビールは、当然、発泡酒や第三のビール、ビールテイスト飲料とも明確な差異が、有る飲料と言うことになり、いっぱいの応用者は、この商材を、支持することとなりました。