黒酢の遍歴


今ではえがおの黒酢も含め、黒酢は大変知名度が高くなりましたが、真に品ものとして市場に思い切り黒酢が出回ったのはここ数年のことです。
ただしお酢の歴史とは大変古く、薬味の中で一番かねてからあったとしているお塩と並ぶくらい古臭い薬味であるとしています。
本当はお酢とお酒にはやけに濃い関係があります。
その歴史は誠に縄文時代前期から訪れ、最初は木苺などを使用した果実酒が造られていたという説があります。
弥生時代に入ると稲作も訪れ穀ものの種類も多数目立ち、お酢造りも行われていたと思いきやそのころにお酢を造ったという証拠は現存していません。
お酢が造られたのはそれからグングン先になり、奈良時代にお酢造りの職人が日本に渡ってきた後に、お酢の製造方法が伝わったとしています。
平安時代になるとお酢の種類も目立ち取りかかり、室町時代では薬味として選べるようになりました。
黒酢は薬味としてよりもトクホとして選べることが増えましたが、先述のとおり、お酢はお酒との関わりが大変奥深いのです。
世界で最古のお酒としているのはワインです。
そうしてワインビネガーと言えば、お酢が使用されていることが名前になっているくらいです。
ワインビネガーは西洋、主にイタリアやフランスで使用されていました。
因みにワインビネガーには米による酢が多用されたようですが、穀もの自体には別に決まりもなく、ワインとして相性の良いお酢であれば更に決まりはないようです。
そもそもお酢はアジア圏や中国などで使用されていることが大きく知られ、お酢が生まれた地はアジア圏と勘違いされ気味ですが、じつは紀元前5000年のころにバビロニアで造られたものがお酢の元祖であるとしています。
これらの長い歴史の流れから行き着いた先が、えがおの黒酢なのです。

えがおの黒酢が生まれた地


鹿児島県の真ん中あたりに存在する福山町、現在では霧島市と呼ばれる土地。
この町は海岸沿いと台地の場所という二つの地形が存在し、全体的に平坦な地盤が僅か地域です。
日本の中けれども南側に位置するこの街はとても温暖な気候で知られています。
福山町ではえがおの黒酢の他にも福山黒牛が有名です。
中それでも更にえがおの黒酢については、近年になって広まったものです。
ですが、福山町での黒酢の歴史は大変長く、200年前からこの町で黒酢が造られていたことが判明しています。
この町の特色として、地上に降った雨が地中に浸透した後に湧いて出て来るため、水の温度が地中に染み渡ったときの温度と同様になります。
そのため水温が地中それでも湧いて出た時でも本当に変わりません。
日本の中けれども一年中気温が落ち着き生活もし易い、大変恵まれた地域です。
恵まれた気候と台地から湧く天然水、鹿児島県産の高品質な米、一層、黒酢造りには絶対欠かせない薩摩焼のかめ壷「アマン壷」がえがおの黒酢を作成するための環境として最適でした。
以上のように大変恵まれた土地である福山町がえがおの黒酢を作り上げる地となりました。
ですが環境が揃っているだけでは黒酢造りは出来ません。
黒酢の原材料となる材料の出来不出来によって、味や品質が影響を受けやすいところがあり、量産は不可能だといわれています。
でもこの地でかつてから伝えられた伝統的な製法によると、ミネラルが大変豊富な丸玄米のみで作り上げるという独自のこだわりがあるため、品質の良い黒酢造りに妥協をしないという姿がうかがえます。

中国における黒酢とは?


黒酢の起点となったのは日本では福山町であることはお話ししましたが、本当は福山町は中国などのアジア圏や琉球からの産ものの中継地点でもあったのです。
ですので他県に比べ中国とは大変奥深い親交があったものと思われます。
中国において黒酢といえば香醋と呼ばれる大変有名なお酢が存在します。
そうして中国はお酢の使用量が世界で一番多いので、各家庭での使用頻度が大変良いことがわかります。
お酢の中それでも最高峰と評される香醋も、熟成にはとても長い時間を要します。
熟成時間が長期間になることで当社がよくわかるお酢が持つ鼻につく刺激臭が大変少なくなります。
これは日本の黒酢にもまだまだおんなじことが言えます。
味もまた非常にまろやかなため、酸味が不得意な方それでも払えるようになり、とても使い勝手のいいお酢であると言えます。
中国では普通の料理では当然、食後のデザートにもかけたりするなど頻繁に使っていることからも、中国が世界で一番お酢の消費量がおっきいのは、お酢の持つ大きい効果に期待を通じているためだと考えられます。
黒酢は食品としてだけではなく、健康を考えて使われているようです。
中国では黒酢は香醋と呼ばれる程人気が高いお酢であり、その人気は体に良いことも激しく関わって来る。
香醋は深い黒褐色か、紅褐色程度の濃色が多く出回っています。
また香りの良さ評価が高い一因です。
香醋は古く宮廷への献上の品としても喜ばれていたそうです。
美容効果なども期待できる黒酢。
中国の香醋を手に入れるのは手間がかかりますが、えがおの黒酢なら気軽に手に入れることができます。
ぜひえがおの黒酢の効果を試して下さい。