新しいジャンル「カスピ海ヨーグルト」


以前乳酸菌の種類別だけでヨーグルトは多数の種類があるとお話しました。
本当は乳酸菌の種類だけではなく、ヨーグルトには様々なものが存在します。
貴方は「カスピ海ヨーグルト」と済むうものをお聞きしたことはありますでしょうか?
名前だけ聞くと海水によるヨーグルトの一種かと勘違いしてしまいそうですが、じつは著しく違います。
今回はそういった「カスピ海ヨーグルト」についてお勉強していきましょう。
そもそもカスピ海ヨーグルトとは、ヨーロッパの東部にある「コーカサス地方」で生まれた食べものです。
コーカサス地方は黒海とカスピ海に囲まれていますので、そこからカスピ海ヨーグルトの名前は生まれたので
しょう。
このコーカサス地方まずは「センチナリアン」という百歳を超えたご長寿の方々が多数暮らしていることでも知られています。
日本の研究では、コーカサス地方の人々は常日頃からカスピ海ヨーグルトを食べていることから長寿のお年寄りが増えたのではという調査結果も出ています。
まずはこのカスピ海ヨーグルトの利点とはなんでしょうか?
答えは簡単、それは「お手軽に自宅でも焼ける」ということです。
また他のヨーグルトとは違い酸味が薄く、口当たりがよくこのヨーグルト独自の粘りがあるのも特徴です。
味わい深くコクもあり、普通のヨーグルトが苦手な方けれども食べやすいというがカスピ海ヨーグルトの強みです。
もちろん便秘にも効果があるので、便秘が気になるもののヨーグルトが苦手だという方にも強くおすすめでき
ます。

カスピ海ヨーグルトを作ってみよう!


先の生地でカスピ海ヨーグルトは家庭でも簡単に焼けることを取り去りました。
それ聞くと真に作ってみたくなるのが人間ってものです。
最近はカスピ海ヨーグルトを作るための種菌が数多く販売されています。
ここではそんな種菌によるカスピ海ヨーグルトの作り方を見ていきましょう。
それではカスピ海ヨーグルト作りに必要なものを確認しましょう。
カスピ海ヨーグルトの種菌は絶対に必要です。
これはスーパーやネット通販をつぎ込み購入しましょう。
続いて牛乳を500ml、未開封の新鮮なものを使いましょう。
カスピ海ヨーグルトを作りあげる容器とスプーンも必要です。
ともしっかり熱消毒を通しておきましょう。
材料がそろったところですっと作成と行きましょう!
では熱消毒した容器に種菌と牛乳を注ぎ、スプーンでよく取り混ぜましょう。
この時牛乳を二回に分けて含めると種金がよく入り交じり易くなります。
取り混ぜ終わったら容器に蓋をし、室温でカスピ海ヨーグルトがごつくなるまで発酵させましょう。
大体12~72時間くらいが目安です。
季節により集まるスピードが変わりますので気をつけましょう。
これで固まれば、貴方オリジナルのカスピ海ヨーグルトが出来上がりです!
最初に言ったとおり、甚だ簡単に作れてしまいました。
これだけ簡単に美味しいカスピ海ヨーグルトが作れてしまうから、便秘で悩んでいる貴方にもぜひおすす
めしたいです。
カスピ海ヨーグルトを手作りし、便秘解消の第一歩を踏み出しましょう。

カスピ海ヨーグルトを受け継いで行く方法


近ころは何事もエコであることが求められます。
電気を使わない節電にはじまり、リサイクルやリユースなどの文化も日本ではしっかり根付いています。
またエコカーといったガソリンをなるたけ使わない自動車も目立ちつつあります。
日本人には「もったいないの精神」があり、その民族柄これらのエコ活動は成功しているのでしょう。
では我々も何かエコ活動に協力出来ないかと考えたとき、私は一つのものを思い出します。
そんなに、それはヨーグルトです。
中けれどもカスピ海ヨーグルトは残るヨーグルトから初々しいカスピ海ヨーグルトを作れる大変エコな方法があり
ます。
まずは今回は、カスピ海ヨーグルトの受け継ぎ方を勉強していきましょう。
それでは材料から紹介ください。
最初に、自作したカスピ海ヨーグルトの表面を除き、中に詰まっているヨーグルトを大さじ三杯分取り出して
おきましょう。
続いて未開封で新鮮な牛乳を500ml程用意しておきます。
後は熱消毒した容器とスプーンがあれば準備おわりです。
ではとっとと、容器にカスピ海ヨーグルトを大さじ三杯分入れ、牛乳を注ぎよくかき混ぜましょう。
この時カスピ海ヨーグルトが多すぎると固まらなくなってしまいますので要注意です。
あとは容器に蓋を通じて、室温で群がるまで放置します。
時間は大体6~48時間が目安です。
固まったのを確認出来たら、直ちに冷蔵庫にしまい大事に管理しましょう。
これで新しいカスピ海ヨーグルトの出来上がりです。
このように簡単に活かしまわせるカスピ海ヨーグルトは便秘解消やダイエットにはもってこいの食材です。
便秘解消のお供に、ぜひカスピ海ヨーグルトを食べてみましょう。