フォトフェイシャルのトラブル

フォトフェイシャルといえば、従来の各種美容施術より、比較的、安心であるというイメージがあります。
そうして、肌のトラブルに大きく対応していて、肌の中のコラーゲンを上がったり、肌実力を取したりする、内側から美しく生まれ変われるという良いイメージもあります。
ですが、でも、トラブルの報告はあるようです。
フォトフェイシャルを受けたことで、トラブルになってしまった、失敗した、という方もいらっしゃいます。
トラブルで多いのは、「光でやけどを通じてしまった」とか、「高いお金を出したのに効果がない」ということが多いです。
このようなトラブルがあることは事実ですが、今までの各種美容施術と比べてみても、フォトフェイシャルは、あんまり失敗事例がないと言われています。
トラブルと言うのは、フォトフェイシャル自体に問題あるのではなく、医師の腕が悪かったり、免許のないナースが施術したりする、テクニカルな面での問題があるようです。
前もって、フォトフェイシャルで使われている機器をどのように使っているのか、誰が扱うのか、これによってもその効果は移り変わるでしょう。
機器の設定の仕方も効果に影響が出ますし、光の照射の仕方も関係あります。
ですから、施術するのであれば、特に、事前のカウンセリングが大切です。
フォトフェイシャルを施術している、クリニック側が、そこを事前に正しく行っていないから、施術あとのトラブルになるのだと思います。

フォトフェイシャルのトラブル・クリニック、カウンセリング、医師

と、言いますのは、肌荒れと言っても、その人その人によって、施術する光の強さは異なるわけです。
おんなじ小じわ治療と言っても、その人の肌質によって、機器の設定や、光の種類、強さなどが変えなくてはなりません。
反対に言えば、すべての患者さんにおんなじ設定でフォトフェイシャルの施術は出来ないのです。
肌の状態を診断すること、カウンセリングをすることはクリニック側の責任です。
これらを行わずに施術する医師やナースでは、効果が出ないのは当たり前と言ってよいでしょう。
扱う光が強すぎれば、やけどのようになってしまうのは当然です。
また、医師がフォトフェイシャルをかしこく取り扱えるか、その腕によって効果が変わります。
みなさんに知っていただきたいのは、フォトフェイシャルが対応ということです。
数あるクリニックの中まずは、フォトフェイシャルを、ナースが施術を通しているクリニックがあると聞きますが、フォトフェイシャルは対応です。
ですから、本当はこのナースがフォトフェイシャルを施術すること自体がダメなことで、違法行為なのです。
フォトフェイシャルがトラブルになった方の中それでは、こんな違法行為が原因だった方もいらっしゃると思います。
事前のカウンセリングは、ほんとに大切だと言うのは、施術の方法だけではなく、終わったあとのこともカウンセリングしなければならないからです。
中それでも、治療費や治療回数は、その人によって違ってきます。
ですから、その費用面も含め、クリニック側を十分に話し合っておくことも大切でしょう。

フォトフェイシャルのトラブル、施術、医療機関

そしたら、トラブルが発生してしまった、クリニックの多くは、フォトフェイシャル協会に加盟していないクリニックがあるようです。
本当は、このことは一番に大切なのことです。
みなさんは、フォトフェイシャル協会という存在をご存知でしょうか?
フォトフェイシャルの施術を受けたことがある人も、その協会を知らなかったという方もいらっしゃるようです。
トラブルにならないために、基礎知識として、みなさんに、知っておいてくださいことがこの協会のことなのです。
フォトフェイシャル協会に加盟していることは、クリニックを選ぶ際に重視してくださいことです。
エステサロンなどにも、よくフォトフェイシャル施術を見かけますよね。
また、似たような施術があるようです。
ですが、これは、協会から認可されていません。
認可されていないということは、機器がフォトフェイシャルに似ていますが違うものが使われているということです。
フォトフェイシャルの機器は、病院でなければ扱えない機器なので、エステサロンにはないと思ってよいでしょう。
また、病院であって、フォトフェイシャル治療を通じている病院であって、協会に加盟していない場合もあります。
これは、エステサロンと同じで、違う機器においているのです。
ですから、協会に加盟していないクリニックやサロンで受けるものは、本もののフォトフェイシャルではありません。
ということは、本もののフォトフェイシャルと同じ効果を期待しても、案の定、無理なことです。

フォトフェイシャルのトラブル、施術、医師、クリニック

正規のフォトフェイシャル機器においていないのにもかかわらず、「フォトフェイシャル」というネーミングを掲げて営業しているクリニックはたくさんあります。
また、迫る施術の名前において、フォトフェイシャルだと偽るケースもあります。
「フォトエステ」とか、「スーパーフェイシャル」など、似たようなネーミングを塗りつけるのはクリニックの従って自由ですからね。
このように、フォトフェイシャルを受けたいと思っても、現在では、ややこしいクリニックや、エステティックサロン、病院がたくさんあります。
その中で信頼できるところを自分で見つけなければなりませんね。
病院、クリニックを選ぶときのポイントとしては、下記のことをチェックしてみてください。
「医師が施術を通じている」、「フォトフェイシャル協会に加盟している」、「医療機関である」、これらのことです。
自分で信頼できるクリニックを選ぶことは、施術を受けたときのトラブルを防ぎ、効果が期待できるでしょう。
ようやっと大きいお金を出すのですから、一概に効果が現れるクリニックを選びたいものです。
本もののフォトフェイシャル施術を通じているクリニックを選びましょう。
中には、美容施術にひとまず失敗してしまったり、トラブルにあってしまったりすると、でもうきれいになることをあきらめて仕舞う方もいるようです。
本もののフォトフェイシャルを受ければ、それらのトラブルもなくなります。
女性のみなさんは、きれいになることに貪欲であってほしいですね。

フォトフェイシャルがNGな方

女性のみなさんが肌荒れを治療するために、最新のフォトフェイシャルを受けたいということは当然のことでしょう。
ですが、フォトフェイシャルは誰でも受けることが出来る施術というわけではありません。
中には、フォトフェイシャルを受けられない方もいます。
では、いかなる方がフォトフェイシャルを受けられないのでしょうか?
まるで、妊娠中の方は施術を受けられません。
そうして、皮膚に病変がある方もフォトフェイシャルは受けられません。
そうしたら、てんかん発作ある方や、アルコール中毒の方、糖尿病の方も駄目。
また、皮膚に光過敏症がある場合、光を照射できませんから受けられません。
湿疹などのトラブルがある方もだめです。
そうしたら、心臓病などつらい病気の方もだめです。
そうしたら、せっかく受けてもフォトフェイシャルの効果が出ない人もいます。
それは、肝斑でお悩みの方です。
これは、フォトフェイシャルでは、光をあても美肌効果が期待できない肌荒れです。
治療には、断然内服薬、塗り薬が効果的だといわれていますので、光の照射という形によって、短時間で治療することではなく、時間をかけて薬で治していくと良いでしょう。
アトピーも同様にフォトフェイシャルでは駄目。
そうしたら、日焼けです。
日焼けをした黒い肌の方は、メラニン色素が肌細胞内で増えて活性化しています。
そこに光を射止めると、激しく反応しすぎ、これがやけど状態になってしまいます。
また、色素が沈着してしまうケースもあるようです。
どれくらい日焼けしていたらNGなのか、クリニックに相談して下さい。
肌荒れに万能だと言われているフォトフェイシャルも、治療が出来ないケースがこのようにあるのですね。
該当する方は気をつけてくださいね。