WiMAXパソコンは必要なのはPCだけ!手軽にネットに繋がる

インターネットに接続するのはいつもパソコン1台のみという人はWiMAXパソコンがおすすめです。

このWiMAXパソコンがどういう代物かというと、パソコン本体に直接WIMAXを搭載したもののことです。

惜しいことに、2017年3月の時点ではWIMAX2+の通信回線を使う事のできるものは未だ販売されていません。

このWiMAXパソコンは開くだけで勝手にインターネットに繋がってくれるという煩わしさのないお手軽感が売りです。

WiMAXパソコンさえあれば、通信に必要な機材を別途用意しなければならないというような面倒くささからも解放されます。

例えば外出先において頻繁にインターネットに接続するという人も、このパソコンと電力供給のための充電用ケーブルを持ち運ぶだけでいいので、鞄の中を非常にスッキリしたものにすることが出来ます。

ですが注意点として、このWiMAXパソコンは常にWIMAXに接続された状態になるので、パソコン本体のバッテリー残量は普通のパソコンの方よりも減りが早いです。

なので、外出先で使う場合は確実に充電することが出来るところで使うかもしくは、パソコン用の持ち運びできるバッテリーをパソコンと一緒に携帯するようにするといいでしょう。

このほかに、何かしらの故障があった場合にはWiMAXパソコンを修理に出す必要がありますが、そうやってパソコンを修理に出している期間中はWiMAXの月額料金の請求が止まるのかというとそういう訳ではないため、この点にもしっかり注意しておきましょう。

また、すでにパソコンを持っているという人にも、そのパソコンにUSBメモリの挿入口やSDカード用のスロットがあるのであれば、USBタイプやSDカードタイプのデータ通信カードを使うことで、WiMAXパソコンのようにあたかもWiMAXがパソコンに内蔵されているかのような使い心地を味わうことが出来ます。

そして、それらのデータ通信カードというのは、WIMAX2+の回線にも対応しているものがあります。

対応可能なパソコンに挿し込むことで、対応さえしていれば回線へ接続する用の煩わしいケーブルなどが無くても、どのパソコンでもそれ自体がインターネットへ繋がれるようになります。
これによって一台のパソコンを修理に出している間も、データ通信カードさえ持っていれば別のパソコンでインターネットを利用することが出来るのです。

データ通信カードは内蔵型の弱みともいうべき部分を補うことが出来る代物ですが、とても小さいので置き忘れたりどこにやったか分からなくなって、最悪の場合は失くしてしまうという可能性もあります。

そうやって紛失してしまった場合は、弁償しなければならず、その本体料金はとても高額なので、そういう事態が起こらないよう気を付けてください。

参考にさせてもらったサイトの内容はこちらです。So-net WiMAX2+を実際に契約して使ってみた感想・レポート、速度、良いところやサービスについてなど・WiMAXおすすめプロバイダ!お得に契約できるのは!

http://getwimax.jp/