節電のアイディア(電子レンジ)

キッチンで利用する電化生産品は案外沢山ですが、もっとも利用される冷蔵庫についで、次はなんでしょうか。

食器洗浄機やフードプロセッサー、コーヒー作製専門業者、ミキサー等等色々ありますが、近頃、値段も下がってたいへん買いやすく、楽になった電子レンジではないでしょうか

電子レンジといいましても、レンジシステムのものだけでなく、オーブンシステムが備わったものもありますし、オーブントースターシステムが備わったものもあり色々です。

ですがやはり、一番利用する頻度が高いのが、電子レンジではないかとおもいます。

この度は、電子レンジの節電アイディアを考えてみましょう。

電子レンジと言いますと、その多くは中に丸いお皿があってそれが回転するスタイルだとおもいます。

お皿のどの箇所に物を置くかによって、いくらかの節電が出来るということをご存じでしょうか。

皆さまは、電子レンジでなにかを温める時、お皿のどのあたりに置いていますか。

多くのかたは真ん中に置いているのではないでしょうか。

確かに真ん中のほうが、一番温まり易いような気がします。

ですが、本当は、真ん中を少しばかりずらして置くのが一番温まり易いのです

というこというのは、加熱時間も少々、短くて済むということなって節電に繋がるということです。

数多くのものを同じ時に温めるときには、くっつけて置かないようにしましょう、。

温めるだけでなく、解凍にも電子レンジを利用するかたが沢山とおもいますが、大きな塊は加熱時間がそれだけ多くかかります。

冷凍する時に、ちょっと気を利かせて小分けしておけば使い勝手も良いですし、加熱時間も短くすむので節電効き目もあがります。

小分けすることによってレンジを利用せずに自然解凍出来るものもあるでしょう

節電のアイディア(電気ポット)

ほんの数十年前までは、電気保温ポットというものはなく、ヤカンでお湯を沸かしてから保温ポットにいれるというのが通例でした。

時間が経つにつれて徐々に冷めていってしまうのですが、それほど不自由を感じ取れるこというのはなかったようにおもいます。

それが、ごく通例で自然だったからかも知れません

ですが、気づいたら、電気でお湯を沸かしてそのまま電気で保全した場合言うポットが登場し、徐々に皆さま、そちらを利用するようになりました。

このポットを利用した場合、お水を投入しておくだけでその日の夜も、次の日も、次の次の日もずっと熱いお湯を使用することが可能となってきます、。

お湯が無くなったら水をたすだけで、またいつだとしても好きな時に熱いお茶を飲むことが出来ます。

たいへん楽であってがたい品物ですのですが、このポットを利用してから、電気料金が一気に跳ね上がったことに気付かれたかたも沢山でしょう。

実はこの電気ポットという品物は、たいへん電力を利用するのですね。

節電を心がけたいケースには不向きな品物です。

なるべくでしたら、電気を利用しない保温ポットで保温するようにするか、あまりお茶を飲む習慣がないかたは、必要な時に必要なだけ沸かすようにするのが一番です。

保温システムはないものの、電気で直ぐにお湯が湧かせるというようなポットもトレンドりですが、これもたいへん電気を利用するので、節電には向きません、。

出来るだけガスコンロでお湯を沸かすことをおススメしたいとおもいます。

節電のアイディア(炊飯器)

本日は炊飯器の節電アイディアをお話しようと思っています。

炊飯器も又、何処のごご家族にもある家電の一つですね。

これも、冷蔵庫と同様にらい一家に一台はあるでしょう。

当然、一人暮らしのかたであっても持っているとおもいます。

その炊飯器で節電というと、方式はあまり多くはないです。

一つは、炊飯器を利用せずに、お鍋でごはんを炊くこと。

炊飯器も熱を発する家電ですので、案外電気を使います。

ですので、お鍋でごはんを炊くことによって、たいへん大きな節電が出来るということになります。

お鍋でごはんを炊くのは、自分には難しくて上手に出来ないようにおもうかたもいらっしゃるでしょうが、水の量さえ分かってしまえば、炊飯器と比べるとオイシく炊けますよ。

いつも同じ分量を炊いていらっしゃるのであるのなら、一度、水の量を計ってお鍋だとしても炊けるようにトレーニングしておくと良いでしょう。

万が一、停電が数日間続くことが存在したとしても、ガスさえ通っていれば自分自身でごはんを炊くことが出来ますからね。

もう一つの節電アイディアは、保温に対してです。

保温も結局は熱を発して温めるわけですので、電気を多く利用します

いっそのこと、保温をせずに食す直前に電子レンジで温め直すほうが、少しばかりではありますが電力が少なくすむのです。

もっと節電したければ、温めもガスコンロで行ないます。

お茶碗によそったごはんにラップを軽く掛けて、少しばかりの水を入れた深鍋に投入して、7~8分くらい蒸すのが一番良いとおもいます。

それ以外、炒めてチャーハンや、チキンライス等にしたり、リゾットにして食すのも大きな節電となってきますね。