節電のアイディア(エアコン1)

夏の冷房と冬季の暖房としてエアコンを利用していらっしゃるかたは沢山でしょう

そして、このエアコンが大変多くの電力を消費した場合言うことも、大半のかたはご存じですね。

家電のなかではTOPクラスに入るでしょう。

ですので、エアコンの利用を我慢するだけで、かなりの節電になるこというのは間ギャップないのですが、そうもいきませんね。

熱すぎて熱中症になったり、寒すぎて風邪をひいてしまうのでは、節電するゆえんもないでしょう。

ですが、あまりにも暑くしすぎたり、涼しくしすぎたり・・・というこというのはありませんか。

よくききますのは、夜寝る時にエアコンをつけっぱなしにして部屋を涼しくしておいて、布団をかぶって寝るというやりかたです。

これをやりたい感じがわからなくもないですが、節電ということを考えた時に、あまりにも非効率ですね。

電力不足の時には、そういうこというのはやめましょう。

各ごご家族内では、爽快な設定温度というのがあるかとおもいます。

節電をしようと決めたのならば、その爽快な設定温度を、たった一度でいいから、上げてみる、若しくは下げてみる・・・これしかないことを何百万、何千全ての人のかたがすることによって、たいへん大きな節電なってす。

たった一度とおもわれるでしょうが、その一度の上げ下げによって10%もの節電になると言われているのです。

エアコンの設定温度の一度が、どれほど大きく電力の消費にかかわってくるか、ご把握いただけましたか。

一度の上げ下げでまだ少しばかり余裕を感じ取れるかたは、是非二度の調節をしてみてください。

節電のアイディア(エアコン2)

前回は、エアコンの設定温度のお話をメインにさせていただきましたが、エアコンによる節電方式は、他にもまだいくつかあります。

たとえば、温風や冷風が出てくる吹き出し口の向きです。

これが案外重大ですのですが、節電には無関係と思っているかたが沢山のではないでしょうか

吹き出し口の向きが適切でないと、思っているほど暖かさや涼しさを感じませんから、設定温度をより一層高くしたり低くしたりすることになりますよね。

ですので結局、節電出来なくなってしまうのです。

吹き出し口の向きが適切な位置にありますと、体感温度も適切に感じられますから、むやみに設定温度を上げ下げする必要もなくなります

ところで、吹き出し口の適切な位置と申しましても、よく分からないかたも沢山でしょうから、ご説明いたしましょう。

冷たい空気というのはお部屋の下の方に溜まりやすく、温かい空気は上の方に溜まり易いものですのです。

ですので、冷房のケースには吹き出し口を水平からやや上向きにしておくのが最良な位置です

逆に暖房のケースには、吹き出し口は水平より下向きが最良ですね。

こみたいに風向きを少しばかりチェンジさせてあげるだけで、体感温度がガラッと変化してきます。

より一層良い方式は、扇風機やシーリングファンを利用して、お部屋の空気を循環させることです。

そういったものを利用したら節電何処ろじゃなくなるとおおもいでしょうか。

エアコンの設定温度を1~2度上げ下げすることによって節電出来る電気料金内で、扇風機やシーリングファンを回しても十分にお釣りがきますので大丈夫ですのです

節電のアイディア(エアコン3)

エアコンという電化生産品は、ちょっとしたアレンジによって節電しがいのある生産品です。

しかも、その額面は、他の電化生産品に比べても沢山ので、是非皆さまに実行してもらいたく、この度も引き続きエアコンの節電アイディアをお話したいとおもいます。

前回、前々回とエアコンのお話でしたが、まだ出ていないことで大変、重大な節電ポイントがあります。

それは、フィルターの掃除を怠らないことです。

エアコンは、本質的にお部屋の高い立地に存在するでしょうから手が届かないかたもいらっしゃるでしょう

そういたしますと、手が届くように踏み台を仕度して、いちいちフィルターを外して掃除しなくてはなりませんから面倒だというかたが沢山のです。

ワンシーズンの最後にやっと掃除を行なうというかたもいらっしゃるほどです

それが極度な例だとしても、数週間に一度くらいしか掃除していないかたが沢山とおもいます

それでは、暖房の効率も、冷房の効率もたいへん悪くなってしまい、いっそう電力を消費してしまうことなってす。

一日の利用時間にもよりますが、2~3日に一度は掃除するのが良いでしょう。

いくらかの時間利用しないかたであっても、一週間に一度は掃除したいものですね。

吹き出し口も清潔にしていないと健康にも悪いので、逐一掃除をいたしましょう

見落としてしまいがちなのが室外機です、。

室外機は熱交換を行なう重大な箇所ですので、直射日光にさらされていたのでは十分な熱交換が出来ずに、余分な電気代がかかってしまいます。

室外機に直射日光が当たっているケースには、上部に日よけを作る等のアレンジが必要です。