節電のアイディア(照明1)

照明器具での節電は、誰もがもっとも行ない易いものではないでしょうか。

もっとも行ない易いと同じ時に、もっとも無駄にしてしまいがちな箇所だとしてもあるとおもいます。

照明器具の節電に対しては、さまざまなかたがさまざまなことを言っていて、どれが真実であるのかよく分かっていないというかたも沢山でしょう。

兎にも角にも、利用していない立地の照明器具は逐一消すこと・・・これが随一の節電だと思っているかたもいらっしゃれば、一瞬であるのなら、消したりつけたり繰り返すほうがかえって電気を利用してしまう・・・と思っているかたもいらっしゃいます。

点灯した瞬間に電力をいっぱい消費する・・・と思っているかたも沢山みたいです。

果たしてどのくらいの時間であるのなら、消した方が良いのでしょうか。

そこまで分かっているかたは、いらっしゃるのでしょうか。

実は、このへんはたいへん難しい計算となってきます

電気料金だけを考えるのでしたら、兎にも角にも照明が付いていれば電気代がかかりますし、消していればかかりません。

逐一付けたり消したりするほうが電気代はお安くなりますから、節電効き目は大きいです。

ただし、何度も付けたり消したりすることによって、蛍光灯のほうに負荷がかかってしまうのです。

電球も同じです。

頻繁に付けたり消したりすることによって、電気代が若干お安くなったとしても、蛍光灯が少しばかり早急に使えなくなってしまったら、結局、大差ないことになりますね。

かといって、使わない立地で、10分も20分も照明をつけっぱなしにしておくのは、無駄以外の何ものだとしてもありません。

やはり、基本としては使わない電気は逐一消す、ということが節電と緊縮の基本と思っていれば間ギャップないでしょう。

節電のアイディア(照明2)

前回の照明に関連するお話は、アイディアというと比べると、照明器具と電気料金の関係のようなお話になりましたね。

ですが、知っておいたほうが良いことですので、是非節電の知識として覚えておいてください。

この度は、アイディアのお話をいたします。

皆さまももうご存じのとおり、近頃、LEDなるものが売り出しされています。

LEDは発光ダイオードと呼ばれるもので、耳にしたことくらいはあるでしょう

LEDを利用した照明器具は、大抵のものに比べて値段が高いのですが、たいへん節電効き目が高いものですのですね。

どのくらい高いかと申しますと、最大で白熱電球の10分の1くらいまで抑制しられるみたいです。

ですので、おもい切断してLEDの照明器具にチェンジさせてしまうのも一つの方式です。

近頃の照明器具は、明るさを2段階、3段階と調節出来るようになっていますが、その際に最高の明るさと比べると一段階下げておくということも大きな緊縮になりますね、。

ずっとというわけではありません。

夜のお食事が終了して、あというのはもうテレビを観たりする等してくつろぐ時間だという時に、少しばかり照明の明るさを落とすのです

これは素早急に良い眠りに入る目的でもおススメの方式ですよ

節電を考えるあまり、暗い立地であるにもかかわらず、玄関先の照明を消してしまうこというのはあまりおススメいたしません、。

防犯対応策は、やはりしておくべきでしょう。

玄関先の照明の消費電力くらいであるのなら、他でいくらだとしても節電出来ますので、防犯対応策まで犠牲にする必要はないでしょう。