節電のアイディア(テレビ1)

節電、節電と言いましても、大半の一般ご家族におきましては、常々から特に贅沢に電気を利用しているわけではないとおもいます。

しかしながらながら、少しばかりだとしても節電をして電力供給に協力したいという感じは、皆さま同じでしょう。

ですので、当ブログではこの度からしばらくの間、大抵のごご家族で使用されている電化生産品を中心に、多様な節電のアイディアに対してお話してゆきたいとおもいます。

こんな節電のアイディアといいますのは、インターネットだとしても雑誌等だとしてもよく見かけることがありますので、そちらのほうも併せて参照にされますと、より節電効き目がUPするかも知れません、。

さて、それではこの度は、おおよそ何処のごご家族にも、一人暮らしの学生さんのお部屋にもあるとおもわれます、テレビの節電方式からまいりましょう。

テレビをまったくご覧にならないというかたもいらっしゃいますが、多くのかたは、毎日少しばかりはご覧になるでしょう。

一人暮らしのかた等は、とくに何かの番組を視聴するわけだとしてもなく、兎にも角にも家にいるあいだ中、つけっぱなしにしているというかたも沢山ですね。

なにかしら音がしていないと寂しい感じになってしまうというのが、その理由のみたいですが、それは節電には一番よくありません。

寂しい感じは当然把握出来ますが、とくに何も視聴していないケースには消す習慣をつけましょう。

しばらく、そみたいにしていますと、やがて慣れてくるものです。

それだとしても、どうしても音がないと寂しくて耐えられないとおっしゃるのでしたら、小さなラジオをつけておくと良いでしょう。

単三電池1~2本で聴けるようなものです。

テレビをつけていても画面を視聴していないのですので、ラジオで十分とおもいますよ

停電のときにもラジオは役立ちますので良い方式とおもいます。

節電のアイディア(テレビ2)

前回に引き続きましてテレビの緊縮方式です

前回は、家にいる時には画面を視聴していなくても、兎にも角にもテレビをつけておく・・・というかたに向けたお話でした。

この度は、どんなかたにも当てはまるアイディアをご紹介したいとおもいます。

まず重大なこというのは、テレビを買換る時に、必ず省エネスタイルのテレビをオーダーすることによってす。

テレビのオーダー時点で省エネスタイルを選択した場合言うこというのは、そのテレビを利用している間は、ずっと節電が出来ているということになります。

当然、通例の扱い方をしている限り・・・ということですね。

いくら省エネスタイルだとしても一日中つけていたのでは、あまり効きお目当てではありませんので。

オーダーする時にもう一つ知っておいてほしいことがあります、。

以後テレビをオーダーしようというかたは、もうブラウン管テレビをオーダーするこというのはないでしょうが、液晶かプラズマか・・・と言った時に、同大きさであるのなら液晶のほうが節電になるということです。

液晶画面は、ブラウン管と比べると、プラズマと比べると電気代がかかりません

画面大きさが大きいほど利用電力が多くなってゆくことも覚えておいた方が良いでしょう、。

ところで、近頃ご覧になっているテレビだとしても節電することが出来ます。

まず、テレビ画面の明るさはどみたいに設定していますか

オーダーした時には、たいへん明るい設定になっているのですが、オーダー後に明るさの設定を変えたことがないというかたは、半数以上もいらっしゃるみたいです。

ほんの少しばかり暗くしたほうが、目が疲れないですし節電にもなるのですね

音量もいつもよりほんの少しばかり低くすることによって、節電になります、。

どれもささやかな節電ですが、毎日行なうことで大きなものになりますし、やはりそれを大勢のかたが行なうことでより一層大きな節電になってゆきます。