節電とは

2011年3月11日に発生いたしました、東ニホン大震災以来、「節電」という言葉をよく耳にするようになりました。

当然、それ昔にも節電という言葉はありましたし、エネルギーの緊縮の一環として、または家計の緊縮方式の一つとして通例に耳にする言葉ではありました。

この節電という言葉のゆえんを、ご存じないというかたは、幼いお子様以外にはいらっしゃらないだろうとおもいますが、念の為・・・節電というのは電気を緊縮した場合言うことです。

電気の緊縮というのは、皆さまがたがご自宅や勤務先等で利用している電気の利用量を少なくした場合言うことです。

東ニホンの大地震と大津波によってまして、東京電力が福島県に所有していました福島原子力発電所が事故を起こしてしまったことで、今までに類を見ないような電力不足となり、あらためて「節電」がクローズUPされてきたのです

大地震直後は、首都圏の電力が大はばに発電されなくなったということで、節電を呼び掛けながら計画停電なるものを進めてまいりました。

しかしながら、停電が多すぎる場所があったり、大半停電にならない場所があったりで、あまり良い計画というのは言えませんでした。

節電のほうは、皆さま一生懸命に協力してくださっているようで、電力不足も解決されてゆき、計画停電も一時的に中止となりました。

これは、電気による暖房器具を必要としない温度になってきたことも大いに関係しています。

こみたいに、温度に大きく影響される消費電力量ですので、あとあともまたいつ計画停電が呼びかけられるか分かりません安定した電力供給が可能となるまでその見込みは続きます。

ですので、原子力発電所に関しましては、放射線の問題等も大きくとり挙げられていますが、この度、このブログでは節電のほうに焦点を当ててお話を進めてゆきたいとおもいます。

目に見える節電

東ニホン大震災以後、計画停電が実行されている間は当然のこと、一時的に中止されたあとだとしても関東一円の節電は続いています。

電力が十分に無いわけですので、節電をしなくては、また不便な計画停電をしなくてはなりませんし、大きな震災によって電気を際限なく利用した場合言う今までの生活を見直す機会にもなったのではないかとおもいます。

現実に、それまではあまりにも電気を使いすぎていたということに気付いたかたも非常に多かったみたいです。

関東一円がみなさまで節電しているというこというのは、あちらこちらで目にすることが出来ます

たとえば、デパートへ買い物に出かけた時もみたいですし、常々の買い物の為に近所のスーパーやコンビニエンスストアへ出かけた時にも分かるとおもいますが、それらの建物の中が今までと比べて明らかに暗いのです。

しかしながら、買い物に不便なほど暗いわけではありません。

もともとそのくらいの明るさで十分であったのに、今までが明るくし通り越していたということですのですね。

確かに、人は、薄暗いストアーと明るいストアーがあったら、迷うことなく明るいストアーを選定して入ってゆくでしょう

人間の本能として明るいところが好きなのだとおもいます。

ですが、そこまで明るくする必要等なかったことに、大勢のかたがたが気付いたこととおもいます。

ストアーだけではありません。

電車に乗っていても、今までよりかなり薄暗くなっていますし、役所や銀行等の公共施設だとしても非常に薄暗くなっています。

関東では、節電が目に見える形になっています。

街の中での節電

前回お話いたしましたように、街のなかではデパートやスーパー、コンビニエンスストア等といったストアーが今までに比べ、たいへん薄暗くなっているのに加え、役所等の公共施設や銀行、電車の中等も暗くなっているというお話をさせていただきました。

昼間だとしても建物内が薄暗いのは分かりますし、周囲が暗くなる夜にも当然、今までと違うこというのは分かります。

街のなかでは実に節電しているということが目に見えてわかり、誰もが協力しているということが実感されます。

いつもは大変に賑やかなネオンが灯っている新宿や渋谷、銀座、池袋界隈等におきましても昔というのはかなり違っている様子です。

夜間営業の飲食ストアー等のネオンも抑えめにしていますし、昼間のパチン費用アー等におきましてもあの輝きがずいぶんとおとなしくなっているストアー舗もあります。

当然、中には、節電の効き目がまったく見られないようなストアー舗もありますね。

計画停電が実践されていない間はやや電力に余裕があるので、こうしているのかも知れませんが、また夏の暑い時期や冬季の寒い時期になって計画停電が実践されるようになると、きちんと節電してくれているのかも知れません。

街中に溢れる自動市販機の電気を消したら良いのではないかという案もあるようで、次回、計画停電が実践されることになったケースには、一度に全部ではなく、交代しながら自動市販機の電気を消してゆくというようなアイディアを考えている専門業者もあるみたいです、。

今まで、電気の恩恵を受けてきた我々にとっては不便と感じ取れることも沢山でしょうが、皆さまで協力して節電し、少しばかりだとしても不便を少なくしながら生活してゆきましょう。

ご家庭内での節電

ごご家族における節電というのは、ストアーや専門業者等に比べますとごくわずかみたいにおもえますが、関東全域で暮らしていらっしゃる皆様がみんな協力したならば、たいへん膨大な電力の緊縮なってす。

現に、震災後すぐの計画停電は、しばらく経って必要なくなりましたね。

当然、温度が高くなってきて暖房が必要なくなったというのも大きな理由の一つではありますが、皆さまがたの小さな節電の積み重ねもたいへん大きなものとなってくれたのです。

節電することによって大勢の為にもなり、電気代が少なくなることでごご家族にも良い影響が出たのではないでしょうか、。

ごご家族によっては、ひと月当たり、数百円も電気代が下がったというところもあるかとおもいます。

ごご家族における節電といいますのは、決して、寒いのに暖房をつけるなと言ったり、部屋を暗くして過ごせと言っているのではありません。

いつも、思わずやっていたような無駄をまずはなくすように・・・ということですのですね。

たとえば、暖房の設定温度を1~2度下げるということもみたいですし、夏でしたら冷房の温度を1~2度上げるということですね。

そして、誰も入っていないはずなのにつけっぱなしにしていたお手洗いの電気を消すようにしたり、玄関の電気を消すようにしたりすることもみたいです。

今まではあまり心配することもなく、何気なくやっていた電気の無駄を見直すだけだとしても、大勢のかたがたが行なうことによって大きな節電となるのです。

より一層節電意識が向上しますと、もっと色々アレンジすることが出来るでしょう

次回からは、節電のアレンジに対してさまざまなアイディアをお話してみたいとおもいます。