黒豆とは


黒豆の成分や効果・効能については、先にご説明してしまいましたが、そもそも黒豆とはいかなる豆のことを言うのでしょう。
みなさまは、黒豆といいますといかなるまま食べますか。
おそらく、お正月に黒豆の煮豆を召し上がる、というかたが一番多いのではないでしょうか。
そうして、そのお正月のおせち料理に入っている黒豆の煮豆が、黒豆を取る唯一の機会だと喋るかたも、けっこう多いのではないでしょうか。
普段の食生活で、黒豆を食するかたというのは、大して聞いたことがありませんよね。
ですが、健康のために普段から黒豆を食べているかたもまず多いのかもしれませんよ。
黒豆というのは、大豆の種類のひとつであるということは、みなさま、ご存じでしたでしょうか。
黒い色の大豆としていただければ良いでしょう。
実際に黒豆のことを「黒大豆」と叫ぶ場合もあります。
この黒色は、黒豆の成分と効能のところで説明をした「アントシアニン」の色です。
そうして、栄養的には、一般的な大豆と同等であると言われていますね。
黒豆ダイエットは、黒豆だけを取るダイエットでもありませんし、黒豆にも充分に栄養が含まれていますため、ダイエットという名前はついているものの、栄養失調になることは無いと言って良いでしょう。
極端に、黒豆だけを食べ続けたりするといけませんが・・・。
黒豆の花は夏・・・8月ごろに咲き、実が引っ付くのは10月ごろになります。
そうして、収穫は11月から12月にかけてのころです。
真新しい豆で、おししく黒豆ダイエットに挑戦するのも良いかもしれませんね。

一般的な黒豆の食べ方


黒豆ダイエットを実践決めるというかたがたにとって、黒豆によるレシピはいくつあっても良いですよね。
後々、お手軽でおししく食べられる黒豆レシピをいくつか記事として載せるつもりでいますが、今回は一層、一般的な黒豆の食べ方というタイトルとしてみました。
と、言いましても、前もお話したように、黒豆というと、お正月のおせち料理に入っている黒豆の煮豆しか食べたことがないというかたも多いと思います。
とくに、現在のういういしいかたがたなどはそうではないでしょうか。
それほどすると、黒豆というのは、お正月に食するものだというイメージが頭に焼きついて仕舞うことになります。
ただし、黒豆の煮豆は普通のスーパーであっても、真空パックになって年中、販売されています。
結局、黒豆は煮豆で食べるのが一般的なのでしょう。
ですが、お正月とか、いつ食べたって良いのです。
黒豆ダイエットをやってみたいけど、自分で黒豆を調理するのは面倒だ・・・などと語るかたは、市販の黒豆の煮豆などを利用しても良いと思いますよ。
但し、市販のものは、砂糖などもたくさん使用していると思いますから、その分、他で砂糖の摂取を待ち受けるなどすればもっと良いでしょうね。
また、市販の煮豆に何かとアレンジを与えるのも良いと思います。
お正月に、一粒、二粒しか食べなかった黒豆も、来年からは次々食べられそうですね。
また、近年は黒豆で作った納豆や、黒豆の甘納豆などもかわいく見掛けるようになりました。
甘納豆は黒豆ダイエットには要注意ですが、納豆でしたら毎日それでも食べたい食べ物ですね。

黒豆の煮豆にシワを付けるか、つけないか

直接的に黒豆ダイエットに関係のあることではありませんが、あなたのご家庭では、黒豆を煮たときに表面にシワがついていますか。
それともシワがなくつるっとしていますか。
どちらが良いということではありませんが、好みによっては、シワが無い方が美味しそうに感じるというかたもいらっしゃいますし、シワがあったほうが美味しそうに感じるというかたもいらっしゃいます。
とくに何も心掛けずに普通にゆでるとだいたいの場合、表面はシワだらけになります。
ですが、地域によりましては「長寿を狙う」に関してを込めて、わざわざシワだらけの煮豆を作るところもあるそうです。
黒豆ダイエットをする際に、決して手の込んだレシピは吐出したくないというかたも多いでしょう。
とくに、若いかたや男性はそうでしょうね。
そんなかたは、日保ちのする煮豆を一度に大量に組み立てることをお勧めしたいのですが、その際に、ご自分がシワだらけの煮豆がスキなのか、シワのない煮豆がスキなのかで、採り入れる意欲が違ってくると思います。
最初はとも味はおんなじでしょうが、3日、4日と同じものを食べ続けていると、多少であっても好みは分かれて来るものです。
シワのないほうが、見栄えは良いでしょうね。
おせち料理などでは、ちっともシワのない煮豆になっていると思います。
余談ですが、なんで、お正月には黒豆の煮豆を食べると思いますか。
これは、一年をマメに送れるように・・・という験担ぎなのですね。
シワのある黒豆も、シワのない黒豆も、黒豆ダイエットの効果は同じですが、せっかくですから、とも焼けるようになると料理が上手になった気持ちになりますね。