フォトフェイシャル治療

フォトフェイシャルの治療を受けようとしている方、みなさんの中にもいらっしゃるのではないでしょうか。
受けてみたいとしている方は、いったいどういうことをするのか?
その辺が気になるところですよね。
どのように始まって、どのように治療を通じて、終わったらどうなるのか?
ペラペラ引っかかることはありますよね?
また、フォトフェイシャル治療で、シミが一回で取れると思っている方も、やはり依然として、いらっしゃるでしょうからね。
各種誤解も間異なる情報もあるようですね。
ここでは、フォトフェイシャルを実際に受ける場合、いかなる手順でいかなることをするのか、治療の内容をご紹介ください。
また、治療が終わるとどうなるのか、一連をご紹介したいと思います。
とても、クリニックを予約して、当日、または事前に、肌荒れについてカウンセリングをします。
どの部分を治療したいのか、シミなのか、にきびあとなのか、具体的に話します。
そうして、治療内容を決めます。
施術前にはお化粧を落とします。
クレンジングを通じて、きれいにメイクを全部、落とします。
その次に冷却効果のある専用ジェルを顔に塗ります。
そうして、目を光から保護するためのアイマスクをつけます。
ここまでが準備で、これからフォトフェイシャルの光を置きます。
また、顔の産毛は、施術前にご自分で処理して行ったほうがよいでしょう。
フォトフェイシャルの光に産毛が反応してしまう可能性があるので、事前に処理したほうが無難です。

フォトフェイシャル治療、麻酔、痛みの感じ

クリニックによっては、施術前に産毛処理してくれるところもあるようですが、事前に確認するか、自分で処理しておいたほうが良いですね。
さて、フォトフェイシャルの痛みですが、一体どれくらいなのか、気になる方も多いと思います。
ひとまず、美容施術ですから、おそらく痛みがあるってことは、みなさん、ご存知のようです。
その痛みは、輪ゴムをはじいたくらいの小気味よい痛みです。
ですが、メラニン色素が多く存在している肌は、それよりそこそこ、痛みがおっきいようです。
痛みに弱々しいという人、また、痛みを受けることが最初からお断りという人のためには、局所麻酔のクリームもありますので、事前に相談したほうが良いでしょう。
痛みは個人で感じ方が違いますから、クリームで痛みを多少なりとも和らげられれば良いですね。
この麻酔用クリームは、どのクリニックもあるというわけではないので、麻酔希望の方は、最初に問い合わせしたほうが良いです。
本当に、治療を受ける際に言っても、間に合いませんからね。
そしたら、この麻酔用クリーム、費用は別です。
フォトフェイシャル治療にプラスして払うことになりますし、金額もクリニックによって多少差があるようです。
だいたい、1000円から2000円ぐらいでしょう。
麻酔クリームを使うか使わないかで、かかる費用も少し、違ってきますので、その辺も頭に入れておきましょう。
フォトフェイシャル施術が終わったあとは、顔がほてった感じになります。
熱を持っていますので、充分に冷やします。

フォトフェイシャル治療の時間と期間そして肌は?

治療にかかる時間が短く、半位で取りやめるでしょう。
レーザー治療と違って、そのあとは、お化粧を通して帰宅できます。
この手軽さがフォトフェイシャルの強みでしょう。
光を照射した後、シミなどがあった部分には、カサブタのようなものが出来ます。
黒く肉が浮き出ている感じで、火照りもあります。
また、肌が乾燥するケースもあります。
ですが、これはフォトフェイシャルの効果が出ているということだから、心配はありません。
好転反応と呼ばれ、肌がきちんと反応した、効果が出たということです。
シミがどうしてやってきれいになるのかと言いますと、最初は施術後、肌の表面に黒く濃く浮き出て来る。
それが、徐々に薄くなって行きます。
火照りは一晩で癒えるでしょう。
また、カサブタは数日でぽろっと捲れます。
注意したいことは、カサブタを自分で無理に剥がさないことです。
自然にめくれとれるまで待ち受けましょう。
剥がれ落ちた後には、キメが整った美肌が出てきます。
施術のあとは、クリニックから要素、指示が出ますから、それに従ってアフターケアを自分でします。
クリームが処方され、自分でつけるよう指示があると思いますから、それをきちんと守りましょう。
また、回数が必要な方は、正しく1クールをやりこなすようにしてください。
概して、5回を1セットになっています。
3週間ほど間を空けて、またフォトフェイシャル治療を受けることが好ましいです。
この3週間という期間、どうこれだけあけなくてはならないのでしょうか?

フォトフェイシャル治療の費用と効果

それは、フォトフェイシャルの効果が肌にどのように出たか、改善状態を調べることにあります。
また、肌の交代が3週間と言われていますので、それに合わせています。
フォトフェイシャルは、おんなじ力の光を当てていくのではなく、回数を重ねると光の強さを調節していきます。
ですから、一度では効果が出ないこともあります。
最低3回は通わないと、効果が実感できないそうです。
初回は決して光の力を弱めてしまいます。
その後、調子を見ながら強くしていくので、シミは1回でなくなることは難しいと思います。
光を向けることで、肌細胞が活発になりますから、シミは完全に取れていなくても1度で、肌の調子が良くなったことは実感できる人が多いようですね。
また、シミが取れたからと言って、それで終わりにせず、1年に1度くらい治療を受けると、肌の状態がよくなると言われています。
費用のこともありますから、治療に通う余裕がある方は、1年おきにまた、フォトフェイシャル治療を受けてください。
「一回でシミが落とせる!」などと広告を掲載しているサロンもあるようですが、シミを取り去るのは簡単ではありません。
ご説明したようにフォトフェイシャルの光けれども何度か通わないとならないのですからね。
女性の方なら、だれでも美しい肌がよみがえる治療となれば、みなさん受けてみたいと思うのは当然です。
ですが、費用面や、クリニックに通う時間もありますので、その辺も考えておかなければなりませんよね。
ほぼ、楽してきれいにはなれませんので、多少の出費、そして、そのために時間を使い果たすことは仕方ないのでしょうね。