フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルという言葉、みなさんは聞いたことがありますか?
フォトとは写真のことかと思いますが、これは美容法のひとつなのです。
私も最近、聞いたばかりなのですが、ほんとに興味があります。
以前はこの手の美容法と言えば、レーザー治療ぐらいでしたよね?
この美容法は最近、注目されているもので、光を顔に照射し、肌荒れを改善、治療する最先端の美容法をフォトフェイシャルといいます。
フォトフェイシャルで扱う光ところが、みなさんも聞いたことがあるレーザー治療の光とはまるっきり違います。
何一つカメラのフラッシュみたいな光を置きます。
至極暖かい光なのです。
カメラのフラッシュみたいだからフォトフェイシャルと言うのですね。
フォトフェイシャルは、シミなども治してくれますし、また、そばかすも改善してもらえる。
そしたら、にきび跡などでかい、または、複数のトラブルに一度で効くそうです。
ここがフォトフェイシャルのメリットでしょう。
また、この光だが、肌荒れの部分だけに効くようになっています。
ですから、光が当たっていてもトラブルのない部分は反応しません。
他の部分がダメージを受けることがありませんから安心ですよね。
また、痛みがないこともメリットのひとつでしょう。
肌に暖かい方法がフォトフェイシャルなのです。
以前のレーザー治療は、やっぱり痛かったですよね?
私も一度、頬のシミをレーザーでとった経験がありますが、照射のたびに、ゴムではじかれるような痛みがありました。

フォトフェイシャルでの光レーザー治療美容法

頬であれだけ痛かったので、場所によってはまったく痛いのだろうなと思っていました。
また、フォトフェイシャルのすばらしい点は、光の作用によって、肌荒れを治すだけでなく、他の効果も与えられます。
それは、コラーゲンなどの成分を生み出す働きが肌の中で活性化浴びることです。
ですから、フォトフェイシャルをすることで、肌荒れの治療と、肌、内側からの美しさを取り返すことが出来ます。
自然で美しい肌を組み上げたい人にぴったりです。
ここまでお話すると、この光ってどんなものだろうと興味がわきますよね?
フォトフェイシャルの光は「IPL」と呼ばれています。
レーザー治療に選べる光とは、波長が違い、波長に幅があります。
ですから、肌の奥の真皮深層にまで照射することが可能で、細胞を活性化出来ます。
うれしいことに顔だけでなく、体にも使えます。
たとえば、首、胸元、背中などの治療にも使えるのです。
肌荒れだけに反応する光は、体中で使っても安心ということですね。
女性ならお肌の悩みはひとつふたつ携帯しているものです。
シミ、小ジワ、そうしたら、そばかす、にきびの後、あげればきりがないですよね。
たくさんの悩みを抱えている方も中にはいらっしゃいます。
顔は人と逢うときにとにかく生じる場所だから、女性は殊に気にしている人が多いでしょう。
また、それがコンプレックスで性格まで暗くなって仕舞う方もいるでしょう。
このような美容法があるなら、先ず、試してみてはいかがでしょうか?

フォトフェイシャルの光

美容法のひとつである、フォトフェイシャル。
これに使われている光はとても特殊なもので、従来のレーザー治療の光とは違います。
この光、通称「IPL」と呼ばれていています。
どんなところが優れているのかと言うと、紫外線は人間の体に有害ですので、その紫外線が特殊なフィルターによってカットされています。
ですから、安心して肌に当てることが出来るのです。
これによって、肌のシミ、くすみ、にきびあとなどを治療し、肌質を改善することも可能になりました。
そうして、この「IPL」は光の種類が3種類あります。
照射する光の波長がそれぞれ違っているのです。
それを肌の症状に合わせ使います。
どの症状を改善したいかで、3種類を結び付け、照射します。
肌荒れの部分に覚えられた光は、エネルギーが熱に変わります。
トラブルの原因となっているメラニンですが、これは毛細血管にダメージを与えています。
ですから、肌に含まれるコラーゲンを光の効果で増殖、活性化させます。
メラニンに対抗し、美肌へと導いて頂ける。
トラブルの起きている場所だけに光は効果的であり、他の場所には反応しないところがポイントです。
照射するとコラーゲンが増加するわけですから、年齢によって失われてしまうコラーゲンを再生させることが出来ます。
フォトフェイシャルは内側から肌を美しくできるものなのです。
そうして、普通美しさを手に入れることが出来ます。
外側から何かを移植するわけでも無く、本来、所持している力を活性化させ、自然にきれいに生まれ変われるということですね。

フォトフェイシャルとレーザー治療

肌に光をあてトラブルを改善する治療は以前からありましたよね。
その代表的なものがレーザー治療だと思います。
しみやほくろ、そばかすなど、レーザーで治療したことのある方もいらっしゃると思います。
現在、話題になっているフォトフェイシャルですが、これも同じく光を通じています。
光の種類が違うものであり、まったく違う治療ですが、光を通じていると聞くと、あまりにレーザー治療と同じものだとして仕舞う方が多いことも仕方ありません。
ですが、本当は光が違うだけでなく、フォトフェイシャルとレーザーは、ケア、そのものが違っています。
では、以前から大きく知られているレーザー治療とは、如何なるものなのでしょうか?
レーザー治療は、肌荒れによって取り扱う器械を分けます。
そうして、部分的にピンポイントで、レーザーを照射し、一度は、やけどのようになり、皮膚が再生してきれいになるというものです。
ですが、この美容法は、シミの問題や、毛細管拡張の問題もあり、完全に安心とは言えません。
また、医師にも高度な技術が要求されるケアです。
一方、フォトフェイシャルは、肌の奥に元々ある、コラーゲン、またはエラスチンなど美肌成分を増やして吊り上げる治療方法なのです。
美肌成分を作り出している細胞が肌の奥にありますから、そこに光を当てて、働きを活性化させます。
そうすると、細胞は真新しいコラーゲンをいくらでも吐出し出します。
結果、肌の内側に呼びかけ、美肌になるということです。

フォトフェイシャル・レーザー治療の、費用、トラブル、肌

レーザー治療は、みなさんの中けれども、何人か受けたことがある方、いらっしゃるでしょうね。
ご存知のように、レーザーの光を当てた部分は、カサブタになります。
施術後からちょっぴり、その部分は日光に当ててはいけないので、絶えず絆創膏を貼っておく必要があります。
当然、肌が再生するまでは化粧もできません。
また、その部分にシミの危険性もありました。
その点、フォトフェイシャルですと、跡は残りません。
顔全体に光を当てても大丈夫です。
また、肌荒れにまとめて効果があるので女性には甚だうれしいですよね。
シミやシワ、毛穴のトラブル、肌のハリを引き戻すなど、各種ことをまとめて改善できます。
レーザー治療のように「一部分のシミを取り去る」という狙い撃ち治療と確かめるとはるかに効果的ですよね。
又は、肌、全体に照射しなくても、気になる部分だけに照射することも出来ます。
レーザーと違い、肌へのダメージもあまりありません。
終わってから、アッという間にお化粧も出来ます。
気になる顔の絆創膏もナシです。
これがフォトフェイシャルのメリットでしょう。
ですが、レーザー治療と、フォトフェイシャル、どちらが良いのかは、その人にもよります。
シミをきれいにとりたい場合は、フォトフェイシャルより、レーザーのほうがきれいに出来る可能性はあります。
また、費用も双方を比べてみるとフォトフェイシャルのほうが厳しいので、肌荒れの程度、大きさによっては、レーザーのほうが安く上がるかもしれません。