何日目から便秘と叫ぶのか?


日にちと言うものはありとあらゆるものの目安になります。
たとえば恋しい人へメールを送ったのに、何日も返事がなければその相手が貴方に対してそこまで愛を持っていないことが伺えます。
また三日坊主という言葉があるように、何か目新しいことにチャレンジしようと奮起しても、一定期間が越える
とやる気も減退し、結局挫折してしまうことも多々あります。
このように日にちは一つの目安として大変便利なものです。
ところで貴方に質問です。
便秘とは、一体何日便が出なくなったら叫ぶのでしょうか?
一日?
それとも一週間?
これは人によって答えがまちまちだと思います。
では実際に便秘とは何日目から叫ぶものなのかを、便秘の基礎知識と共に学んでいきましょう。
便秘の症状は人それぞれ大きく変わって来る。
たとえば毎日お通じが良い人だと、わずか一日出ないだけでも気分が悪くなるでしょう。
逆に数日に一斉ペースの人は、そのものに慣れてしまいそれほど問題を感じないようです。
中には一週間以上便通が無い人もいるそうで、こうした人は日々かなりの苦痛を味わっているようです。
では便秘の定義とは果たしてなんなのか?
日本内科学会により決められた定義によると「3日以上便が出ない状態、または毎日便が出ていても残便感がある状態」を指し示すそうです。
つまりはその人が普段持っているペースからは乱れた便通状況を便秘と定義できるわけです。
また便自体の状況も大切です。
正常な便が出ていれば良いのですが、排便時に痛みや苦痛、または残便感がある場合は日にちなど関係なく便
秘であると言えます。
このような症状が出たら、即座に対応ください。
ヨーグルトを摂取して腸内環境をいじくるのも大切です。
ヨーグルトを通して便秘と戦いましょう。

便秘の種類三種


一つの言葉には一つの意味だけではなく、複数の意味が付随することが多々あります。
たとえば「お茶をする」という言葉。
ただ友人とお茶会をする事を指し示す場合もありますが、男女がデートをすることを指していう場合もありま
す。
他にも「突っ込む」という言葉では、何かものを奥に閉じ込める動作なのか、はたまた相手のボケに対して立て直す動作
なのかと、これまた色々な意味があります。
今までとりあげてきた「便秘」という言葉。
これにも本当は様々な種類が存在するのです。
便秘には大きく分けて三つの種類があります。
種類によっては結論なども変わってきますので、これらの種類を観るのは大切です。
ではさくっと三種類の便秘を一つずつみていきましょう。
それでは「弛緩性便秘」と言われるもの。
お腹が張っているような感覚がしたり、排便後に残便感があったりするようならこの種類が当てはまります。
この種類の便秘は、腹筋の力が衰えていると発生しやすいです。
お年寄りや妊婦さん、また運動不足の方に数多く見て取れるものです。
腹筋を鍛え上げることで症状を緩和出来ることがあります。
また腸の動きを見直しするヨーグルトも効果的でしょう。
続いては「痙攣性便秘」と言われるもの。
自分の意思で中々排便が出来なかったり、便秘や下痢を繰り返したりするならこの種類が濃厚です。
この種類はストレスが原因で発生することが多いので、睡眠を取りリラックスすることが大切です。
最後は「直腸性便秘」と言われるもの。
数日間便が出なかったり、手ごわい便が出るために肛門が切れ痔になってしまったりする方はの種類が該当します。
排便を我慢しすぎると便が固まってしまい、この症状になりやすくなります。
腸の動きを再生するために、ヨーグルトなどを積極的に摂取しましょう。

便秘の原因を深く調べる


本当は便秘の原因とは多岐に渡り、探っていくと各種事実に直面します。
今回はそういう便秘の理由を取り上げていきます。
ひとたび食もの繊維が不足していたり水分が不足していたりすると便秘になりやすくなります。
とりわけ食もの繊維は胃腸を活発にできるので、普段から摂取を心がけましょう。
続いてはストレスが原因のもの。
環境が変わったり、精神的な苛苛を感じたりすると脳がその影響を受け、腸の動きが鈍くなり便通が悪くなります。
便秘が続いている場合は自分がストレスを溜めていないか自己確認してみましょう。
運動不足も便秘の原因になります。
筋力が低下することで排便が賢く出来なくなってしまう。
運動をしないまま便秘が貫くと、お腹が出てしまうこともあります。
食事は便秘になる原因の中けれども全く重要なものです。
たとえば無理なダイエットを行う、玄米の食べすぎ、朝食を食べない、食事の時間がバラバラなことなどが原
因になります。
ダイエットをするなら無理はせず、食事のリズムを乱さないようにください。
またヨーグルトを食することも効果的です。
ヨーグルトはダイエット食としても効果があるのでオススメです。
生活のリズムが崩れるとそれだけで便秘になって仕舞うこともあります。
自律神経が乱れると、排便のリズムも乱れてしまいます。
便秘薬に任せすぎても便秘になって仕舞うことがあります。
依存しすぎてしまうことで腸が便秘薬に慣れてしまい、薬が無くては便が出ない体になってしまう。
以上が大まかな便秘の原因でした。
これらの原因を勉強することで、便秘は日ごろから予防ください。