なた豆茶の効果


昔から薬効が有るとして漢方薬、生薬として使われていたのがなた豆です。
そんななた豆として作られているのが「なた豆茶」ですが、たんぱく質、鉄分、ビタミン、ミネラル等の栄養分がたくさん入っている他、サポニンや酵素も入っているので健康だけじゃなくて美容面での効果も期待できると言われています。
では如何なる効果が期待出来るのかご紹介して見ましょう。
【排膿効果】
体内に溜まってしまった毒素、膿等を体外に排出してくれる効果が期待出来ます。
その為にむくみも解消されますし、歯槽膿漏、蓄膿症、歯周病等の改善の効果も期待出来るのです。
歯槽膿漏や歯周病が改善されると口臭も合わせて改善されてくると言われています。
【肥満予防効果】
なた豆茶には「サポニン」という成分が含まれています。
このサポニンには脂質が酸化するのを防いだり、新陳代謝を促進させたりする効果が期待出来ます。
この為に脂肪が燃焼しやすい身体になると言われている上に、腸に摂取されたブドウ糖の脂肪化を牛耳る事が出来るのです。
ですからダイエット効果が期待出来て、肥満予防になるという訳です。
【抗アレルギー作用】
なた豆茶には「コンカナバリンA」という成分が含まれています。
このコンカナバリンAには身体の耐性を高めてもらえる効果が期待出来ます。
これにより風邪に掛かり難くなったり、花粉症になりづらくなったりとアレルギー症状を緩和させる事が出来るのです。
この為に民間療法でなた豆茶としている人も多いようです。

なた豆茶のリスク


タカナタマメ、アカナタマメ、シロナタマメ、タチナタマメという様にた豆には色んな種類が有ります。
この中で食用の種類はシロナタマメというもので、さやの部分を調理してお浸し、漬もの、炒めものとして食する事が出来ます。
アカナタマメという種類のなた豆には薬効が有り健康茶、栄養剤として使われています。
しかしなた豆は良い効果が有るものばかりではなくタカナタマメ、タチナタマメは毒があると言われていて食用として扱う事は出来ません。
アカナタマメは毒素薬効が見て取れると言われていてサポニン、カナバリン、コンカナバリンAというアミノ酸が入っています。
そういった成分にはなた豆が所持している排膿効果、新陳代謝の促進効果等に関係性が有る様ですが、その一方で有毒成分であるとも言われているのです。
心配する程の毒性はなく微々たるものところが長期間毎日毎日摂取し続けてしまうと体内に毒素が溜まって仕舞う可能性も否定できないと言います。
ただなた豆を製品化するなかには焙煎をひたすら行っている為、どのメーカーのものけれども副作用は殆ど無いと言えると思います。
品質が良いなた豆茶にはしっかりと処理されている為に毒素も無くて安全だと言えますが、偽物の場合は処理も充分に行われていない事が多い為に毒性がある危険性も含まれているという事です。
この為になた豆茶の効果ばかりに目をとらわれて、短いものを安易に購入してはいけないという事になります。
しっかりとしたメーカーである事、製法がしっかり知るものを選んで安全ななた豆茶を選ぶ様にください。

なた豆茶には栄養がいっぱいなのです


ミネラル分各種、アミノ酸、食もの繊維、酵素と色んな成分がなた豆茶には含まれています。
その中けれどもサポニン、コンカナバリンA、カナバニン等が注目を集めている様です。
これらの成分は蓄膿症の改善、デトックス効果、代謝率アップと言った効果を期待出来るのです。
とにかくなた豆しか含まれていない成分がコンカナバニンAとカナバニンで、なた豆の効果の象徴とも言える成分だと思うのです。
なた豆においているコンカナバリンAはたんぱく質の種類でありレクチンと同じ種類になります。
体内に尿素がたまると毒素が出てしまいますがこれを分解して毒素を出さないようにしたり、腎機能を強化して新陳代謝を高めてもらえる働きが有ります。
次にカナバニンですがアミノ酸の種類の1つになります。
効果としては排膿作用、炎症作用を控える効果、血液サラサラ効果、血行促進効果が在ると言われています。
中でも排膿作用からは口臭や歯周病、蓄膿症を改善させるのに効果があるそうです。
次にサポニンですが配糖体の1つになります。
体内に入ると脂質が酸化するのを防いでいただける効果が有り、新陳代謝を促進させて得る働きが有ります。
その上腸が吸収したブドウ糖を脂肪に変えない様に防いでもらえる働きも持っているのです。
この他にも色んな栄養分が塞がり、それぞれに効果が期待出来ます。
これだけ栄養分が入っているお茶と言うのも物珍しいですので、ぜひ健康的に追い求める、美しく追い求めるという人にオススメのなた豆茶だと思うのです。