なた豆とは


「なた豆」という豆が有ります。
昔から民間療法で使われている豆で「膿を出してくれる妙薬」として知られていました。
そんなに仰る位色んな症状に効果を発揮していて、腎臓・肝臓の機能の補修、花粉症等のアレルギー、歯周病や歯槽膿漏の改善、痔ろうの改善、蓄膿症の改善等が主に言える効果だと言われています。
なた豆を摂取するときの主な方法はなた豆茶として飲むという方法になるのですが、これは蓄膿症への効果がほんとにいいと言われているのです。
なた豆茶として臨床実験をした事が見て取れるみたいですが、蓄膿症を患っている患者へなた豆茶を毎日1リットル飲んでもらったそうなのです。
そしたら半年~1年半年位で蓄膿症が改善された方が多かったという結果が出たそうです。
一層なた豆茶の花粉症への効果も期待出来ます。
毎年「今年の花粉症は去年の何倍です」とか言われていて花粉症に悩んでいる人が多いというのでなた豆茶は良いかもしれませんよ。
なた豆茶にはコンカナバリンAという免疫成分を正常化してくれる作用が有ります。
花粉症や喘息などは免疫機能が異常化した事で掛かるアレルギー症状ですので、補修する事でこんな症状が改善される事が期待出来るのです。
この他にも食もの繊維、ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、鉄分等の栄養分が豊富に含まれていますので、慣例病が改善されたり、便秘が改善されたりと色んな症状の改善に効果的に作用していただける働きを持っているのです。
それがなた豆の効果なのです。

なた豆茶には副作用が有るのでしょうか


色んな効果が見て取れるとして注目を集めているなた豆茶ですが、効果が有る分気になるのは副作用だと思うのです。
なのでいかなる副作用がなた豆茶に有るのか挙げてみたいと思います。
なた豆茶の元はなた豆ですが、そのなた豆が成熟した時にとれる種子は薬効が手強いと言われています。
その為に何の加工もせずにただただ飲んでしまうと、吐き気が出たり吹き出ものが出たりする事が有るそうなのです。
だからよくトクホとしてなた豆茶が売られていますが、偽物を購入しない様に注意する必要があるというのです。
でもだからと言って縮みあがる必要は有りません。
良質ななた豆茶はなた豆をしっかりと水洗いして、時間をかけて焙煎して作っています。
そう言う良質ななた豆茶を飲んでも副作用は無いと言われているので心配は無いと思いますよ。
ですからなた豆茶を購入する際には安いという理由だけで購入するのではなく、会社の知名度、製造方法等品質がしっかりしているかどうかをチェックして購入する様にお願いしたいと思います。
高いから素晴らしい、低いから悪いという訳ではない事を注意してくださいね。
ただし、こんな副作用は絶対に弱いとは言い切れません。
体質によってはたくさんなた豆茶を呑む事でお腹を壊して下痢をしたり、顔に吹き出ものが出てしまったりする事も有ります。
個人差が有るので何とも言えませんが、こういう症状が現れた場合はなた豆茶の飲用を止めて様子を見ましょう。
酷くなる様であればお医者さんに行く様にしてくださいね。

なた豆茶について


なた豆を原料として作られた健康茶の事を「なた豆茶」と呼んでいます。
なた豆はアジアから中国地方を中心として温帯地方で育つ植もので、マメ科の一年草です。
その形から『刀豆』『帯刀』という様におっしゃる事も見て取れるようです。
なた豆を昔から中国で漢方薬として使われていたもので、日本でははるか昔、清の時代に伝わってきたそうです。
今は日本も栽培されており、薩摩地方で殊更盛んに作られているそうです。
その薩摩なたまめはなた豆の中けれども品質が良いとして、人気が高い材料となっています。
そういったなた豆から作られたなた豆茶には豊富な栄養分が含まれています。
たんぱく質、ビタミン各種、食もの繊維、鉄分、サポニン等です。
サポニンって聞いた事がないかもしれませんが働きとしては脂質の過酸化が体内で行われますが、それを抑制して基礎代謝を高めて行く効果が期待出来ます。
またブドウ糖が腸へ吸収されて脂肪へと変化していきますがその脂肪への変化を防止する効果も期待出来ます。
そういった事からダイエット効果やメタボ効果、肥満防止効果等が期待出来ると言われているのです。
一層食もの繊維が入っている為に便秘解消の期待も出来ますし、新陳代謝が良くなりますので老廃ものも体外へ排出されていくのでデトックス、美肌が期待出来るのです。
なた豆は昔は食用としても利用されていました。
食用の場合は初々しいさやの時に食べると言われていて薬効が凄いのでこうした事を目的として食されていました。
今は健康食品として食されている事が多いようです。
炒めもの、漬もの等で食べると良いと思いますよ。