効果的な運動


中性脂肪がひとたび蓄積されてしまったから更にダメということはありません。
蓄積された中性脂肪は燃やすことができます。
中性脂肪を燃やすのに一番効果的方法は運動することです。
運動を普段から行っている人の場合、多少食生活が乱れていても中性脂肪が高くなることはあまりありません。
運動することで脂肪がエネルギーとして消費なるからです。
日頃から運動することで中性脂肪を燃やすことになり、体に筋肉もつき、健康的に上ることができます。
休まず毎日続けていくことが大切です。
効果的に中性脂肪を燃やすためには、有酸素運動がおすすめです。
急激に運動するのではなく、酸素を取り入れながらじっと運動を通じていきます。
短距離走などの無酸素運動では中性脂肪を燃やすことは全くできません。
ウォーキングやジョギングやサイクリングや水泳など時間をかけてひたすら立ち向かう有酸素運動が効果的です。
半は持続するようにしてください。
耐え難い運動ではなく楽しみながら出来る運動です。
毎日継続することが大切です。
通勤の際、公共機関を使わないで歩いて半、駅あるいは会社まで通勤してもいいと思います。
会社帰りにジムやスイミングに寄って運動して帰るのもいいと思います。
家族で一緒に毎朝ウォーキングをするのもいいと思います。
時間がないからと諦めるのではなく、時間は自ら作り出して毎日半運動するようにしてください。
これが中性脂肪を燃やすもっとも効果的運動のやり方なのです。

治療薬

中性脂肪の値が高くて燃やす必要があると診断された人は、治療を受けなければなりません。
中性脂肪を燃やすための治療は、食事療法と運動療法を主に行います。
食事療法や運動療法を通じていても中性脂肪を燃やすことができない場合や高脂血症が進行してしまっている場合は薬の力を借りて治療をします。
中性脂肪を燃やすための薬の場合、数日間あるいは一定期間だけ飲んで効果が発揮わたるわけではありません。
長期間呑み続けなければならない薬です。
そのためできれば薬の力を借りること無く、食事療法や運動療法で中性脂肪を燃やすことが望ましいのです。
中性脂肪を燃やすための薬は動脈硬化を防ぐことを目的としています。
動脈硬化になると決定的な病気になる危険性が高くなるからです。
担当医師から中性脂肪を燃やすために手当を飲み込むように言われたら、用法と用量を充分守って飲み込むようにしてください。
薬はフィブラート系とニコチン酸とEPAとに区切ることができます。
フィブラート系の薬は肝臓で作られている中性脂肪を抑制する作用があります。
ニコチン酸の薬は代謝を促進することで中性脂肪をエネルギーとして体内に蓄積するのを防ぎます。
EPAの薬は中性脂肪を作らないように抑制する作用があります。
これらの薬は中性脂肪と共にコレステロールも押し下げる働きがあります。
手当を服用している間も、食事療法と運動療法は続けて下さい。
薬を飲んでいるから大丈夫なのではありません。
あくまで副次的に取り扱うもので、メインは食事療法と運動療法です。

食事療法


具体的に中性脂肪を燃やすためにどのように食事療法をしたらいいのか見ていきます。
中性脂肪を摂取しないようにと、ただ肉や卵、油分の摂取を減らせばいいわけではありません。
中性脂肪を気にして肉や炭水化ものの摂取を過度に控えてしまうと、エネルギーが作られなくなり体に良くありません。
大切なことは栄養バランスがひずみすぎないことです。
中性脂肪を燃やすための料理レシピを考えるときにも、バランスのいいレシピを考えていきましょう。
食事以外にもアルコールを飲み込む、砂糖が入っているお菓子を取るなどの行為も中性脂肪の値は高くなります。
毎日大量にアルコールやお菓子を食することはやめて、ちょくちょく口にするようにしてください。
食事療法を行う際に、積極的に摂取した方が宜しいおすすめ食材は、緑黄色野菜や大豆やキノコ類、海藻類、こんにゃくなどです。
中性脂肪の予防に役に立つ食もの繊維やビタミンを豊富に含んでいるからです。
積極的にレシピに加えていくようにください。
また肉を使う場合は、脂身を除去してから調理するようにしてください。
動もの性の脂肪は中性脂肪を増やしてしまいますから、肉は食べても大丈夫ですが脂身は食べないように注意してください。
また食事の際は「腹八分目」が鉄則です。
潤沢食事を摂ってしまうと、適正エネルギーを超えてエネルギーを摂取してしまうために中性脂肪がたくさん貯まってしまいます。
腹八分目にすることで中性脂肪を予防することができます。
ただ食する量を燃やすのではなく、バランスのとれた食事を腹八分目程度取るということです。

おすすめレシピ

食事療法にお奨めのレシピをいくつか紹介します。
中性脂肪を燃やすことができるように必ず試してみてください。
簡単に食べられるサラダでしかも中性脂肪を燃やすのに効果がある食もの繊維と海藻類がまとめて摂取できる「海藻サラダ」を紹介します。
レタスなどにきゅうりやトマトだけではなくワカメも付け加えます。
一段とレンコンやリンゴなどのフルーツを加えると、食もの繊維とビタミンを豊富に摂取できて中性脂肪を燃やす効果があります。
海藻はエネルギーが低くて食もの繊維を摂取できます。
海藻には他にもカルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラル分も豊富に含まれているので心から健康に嬉しい食材です。
サラダ以外にも積極的に取り入れてください。
切干大根の煮ものも簡単に作れて、しかも栄養満点食材です。
割りと大量に定めることができるので、ひとまず作れば夕食と翌朝、お弁当のおかずにも取り扱うことができます。
切干大根は通常の大根を乾燥させたものだが、通常の大根の誠に15倍もの食もの繊維を含んでいるそうです。
食もの繊維には中性脂肪を吸収して排泄できる働きがあるので、中性脂肪の食事療法には切干大根は最適です。
海藻と共にミネラル分も豊富に含まれているので健康にもとてもよろしい食材です。
現在中性脂肪の値が高くなくて悩んでいない人も、今後の中性脂肪予防のために積極的に食べて下さい。
海藻や切干大根以外にも多くのレシピがあります。
中性脂肪を予防する、あるいは改善する効果のある食事を意識して摂取するようにしてください。