脳卒中


中性脂肪が原因となって加わる病気には生死にかかわるマズイ病気ばかりあります。
どんなに中性脂肪を燃やすことが大切なことかその傾向を知って下さい。
分かることで燃やす努力を継続して行なうことが出来るかもしれません。
中性脂肪が原因となって生ずる病気にはいくつかありますが、その中それでも脳卒中は更に重篤な病気です。
脳卒中は大きく分けると脳出血と脳梗塞に分類されます。
どちらの場合も血管に過度の負担がかかることによって発症する病気です。
中性脂肪が高くなると、血液中に脂肪が多くなってどろどろ血液になるため流れが悪くなり、血管に負担をかけて仕舞うことになります。
だから中性脂肪の値が厳しい人は日頃から適度に燃やす必要があるのです。
やにわに頭に激痛がはしって吐き気などを催すのが脳出血の主な症状です。
何とも我慢出来るような痛さではなく、もがき悩むような激痛です。
あまりの痛さに意識を失う人もいるほど危険な病気です。
意識を失った場所が悪かったら、倒れたときに打ちどころが悪かったら、二度と困難ことになります。
脳梗塞も急きょ頭痛とめまいなどの症状に襲われて厳しい時折体に麻痺が現れて立っていることもできなくなります。
脳梗塞にも色んな種類があり、その症状や程度も激しく違います。
種類によっては頭痛とめまいが一時的に現れて一気に症状が消えてしまうこともあります。
これは一過性脳虚血性発作というもので、脳梗塞の前兆です。
症状が治まったから大丈夫なのではなく、あくまで前兆なので一気に病院に行くことが大切です。
体が出すほんのわずかなサインも見逃さないでください。
このように中性脂肪は生命も脅かす危険な存在なのです。
中性脂肪値が高い人は燃やすように努めて、今現在安い人も今後激しくならないように今から取り組めることを少しずつやってみてください。

基準値

中性脂肪がどれだけあったらいいのかその基準値、正常値を紹介します。
自分の中性脂肪がいまどれくらいあるのかその数値をわかっていない人も多いと思います。
どれだけの値ならば燃やすようにしなければならないのか見ていきます。
ともかく中性脂肪の値を知る方法は、採血です。
血液中においている脂肪の値を見定めることで中性脂肪の値をわかることができます。
健康診断などをすると必ず中性脂肪の値も知らされると思いますから一概にチェックして下さい。
中性脂肪の値は採血する時間や状況によっても影響を受けます。
食事をしているとそれによって値が変動してしまう。
そのため健康診断のときは朝食を食べないように指示されることが多いと思います。
多少なりとも食事をしてしまうと中性脂肪などの値も通常より高くなってしまいますから注意してください。
中性脂肪の基準値、正常値は40から130mg/dlです。
採血を通じて自分の中性脂肪の値を知ったらさくっとこの基準エリアに収まっているかチェックしてみてください。
過去の検査データも残してあれば、年月と共に中性脂肪がどのように変動していったかを見ることもできます。
まずは中性脂肪が大きいはどれくらいの値をさすのか見ていきます。
基本的には基準値、正常値よりも超えていれば良いと判断します。
再度中性脂肪が150mg/dl以上になってしまうと高脂血症と診断を受けます。
高脂血症になってしまったら、中性脂肪の値を燃やすように生活改善の指示を受けたり、薬によって数値を下げたりして治療を受けることになります。
中性脂肪は悪い方がいいのですが、あんまり低すぎても弱々しいため、断然基準値、正常値のエリアが一番ベストです。

中性脂肪が高い人の体


中性脂肪がペースを超えてもう一度150mg/dlを超えている場合、すぐに中性脂肪を燃やすための治療を開始しなければなりません。
中性脂肪の値がおっきい人の体には、脂肪がたくさんあります。
その脂肪が血液の中にもたくさん流れ込んでいて、脂肪が過剰に含まれているどろどろ血液が仕上がるのです。
正常な血液はサラサラです。
どろどろ血液のままにしておくと、血管内に血液がこびりついて、血液の流れを妨げて、血栓ができ易くなってしまい動脈硬化を引き起こしてしまいます。
血管の壁も膨れ上がってしまい血管自体も細く硬くなってしまいます。
すると血液が流行りがたくなり、体全体に血液がまわりづらくなります。
一段と血栓も邪魔して血液の流れをひどくするため、血圧が高くなり高血圧も誘い出すのです。
この状態で中性脂肪を燃やすこと無く放置すると、ますますクリティカルな病気になる確率が高いためくれぐれも放置してはいけません。
クリティカルな病気と言うのは、脳梗塞や心筋梗塞などのことです。
生死にかかわるスゴイ病気ですし、運よく大事に至らなかったとしても後遺症として一生悩むことになったり、再発したりして一大ことになります。
最初から発症しないように気をつけることが一番なのです。
糖尿病や脂肪肝などの病気も導き出す感じがあります。
生命の危機はないも、放置しておくと細胞が懐死して下肢切断することも、失明することも、神経麻痺を起こすこともあります。
中性脂肪が高い人は、食生活が乱れている人、アルコールスキな人で毎日飲酒を通している人、あるくのが嫌いで乗りものばかり使って運動不足の人などがほとんどです。
このような人は中性脂肪を多少なりとも燃やすために生活態度の見直しと適度な運動を行うことが必要です。
そんなふうにすることで中性脂肪を燃やす以外にも多くのメリットがもたらされると思います。

原因

中性脂肪が高くなってしまったにはいくつか原因が考えられます。
ひと度その人の体質の問題が挙げられます。
元々痩せ型体質の人ならば、中性脂肪の値が高くなることはほぼないので、燃やす必要はもちろんありません。
肥満体型の人の場合は、概ね中性脂肪の値が高いです。
中性脂肪が高いために肥満になったのか、肥満だから値が高くなったのかは不明ですが、お互いが原因となっていることは確かです。
次に食生活も大きく影響していると考えられます。
中性脂肪が大きいということは、脂肪をその分たくさん摂取しているということになります。
肉や卵の摂取を控えめにして野菜をたくさん摂取するというように日頃からバランスのいい食生活を心掛けている人は中性脂肪が厳しくありません。
つまりおっきい人はこのような食生活を送ることで中性脂肪を燃やすことができるということです。
油っこいものばかり食べていたり、外食ばかりしていたりする人は中性脂肪が高くなってしまいます。
運動不足も大きな原因のひとつです。
運動をすると脂肪を燃焼することができるため、過剰に中性脂肪を蓄積することがありません。
例え脂肪分の多い食事をしている人も、運動を十分に行っていれば中性脂肪が蓄積しないため値も高くなりません。
アルコールの呑みすぎも中性脂肪が大きい大きな原因となります。
毎日受けるように飲んでいるアルコール大スキな人は気をつけなければなりません。
思い切って飲酒をやめてしまえば、数ヶ月間で中性脂肪の値を正常値にすることができます。
脂肪肝なども飲酒をやめることで正常な肝臓にすることができます。
但し脂肪肝が進行して肝硬変になってしまうともう鈍いです。
いくらアルコールをやめても正常に戻ることはできず、逆に肝臓がんになるリスクを抱えることになります。
そんなになってからではのろいのです。
飲酒はちょいちょい楽しんで飲み込む程度が一番です。
中性脂肪の値が良い人は今すぐにでも燃やす努力をして下さい。
今悪い人もこれから厳しくならないように日頃の生活を見直して下さい。

食生活


本当に中性脂肪を燃やすための食生活はどういうことに気をつけたらいいのか見ていきます。
気をつけなければならないのは油っこいものを摂るときです。
油っこいということはそれほど油があるということで、中性脂肪にも直接影響を与えるといえます。
ですから多少なりとも中性脂肪を燃やすことが出来る食材を添えて一緒に取るようにすることが大切です。
食材は組み合わせを考えることで、バランスのいい食事をすることができます。
ほんの少しの工夫で中性脂肪を燃やすことができます。
中性脂肪を燃やすために最適なのが食もの繊維です。
体内にある中性脂肪を食もの繊維が吸収して、便と共に体外へ排出してくれる。
コレステロールや糖類なども食もの繊維が吸収してくれる。
食もの繊維を1日に20mgから25mgくらい摂取することが理想的です。
量にすると野菜ならば300g、イモ類なら100g、果ものだとすれば200gと些か多めの量なので、炒めたり煮たりしてカサを減らしていくなど調理方法を工夫する必要があります。
食事だけで必要量の摂取が難しければ、1日に必要な食もの繊維を簡単に摂取出来るサプリメントや健康食品などがあるので利用するといいと思います。
他にも、さんまやさばなどの青魚にも中性脂肪を燃やす働きがあります。
青魚には不飽和脂肪酸といって、中性脂肪自体を作らせないように抑制する働きがあります。
魚の脂肪を落とさないようにもっぱら調理して食べて下さい。