中性脂肪とは


中性脂肪という言葉をよく耳にしますが、それがいざどのようなものなのか体にどのような影響を与えるのか規則正しく理解している人は少ないと思います。
中性脂肪はコレステロールと同じようなものだと考えている人もたくさんいます。
だが実際には中性脂肪もコレステロールも極めて別のものです。
両方とも脂肪であることは共通していますが、行ない自体は実に別のものです。
私たちの体内にある脂肪の中には、中性脂肪の他にも脂肪酸というものがあります。
脂肪酸は我らが生きていく上でエネルギーとして一番取り扱うものです。
中性脂肪は食事で摂取されたり、肝臓で作られたりして体内に貯蔵していきます。
中性脂肪も同様にエネルギーとして取り扱うため体内に貯蔵するのですが、中性脂肪の場合はすぐに取り扱うのではなく万が一のときに備えて取り置きます。
さらにコレステロールの場合、他にもホルモンや消化酵素を設けるための原料としても使われています。
但し中性脂肪、コレステロールが体内にたくさん貯まってしまうと体によく乏しい影響が出てしまいます。
そのため貯めすぎないように適度に燃やす必要があるのです。
中性脂肪、コレステロールの蓄積量が適度な量を超えるとエネルギーとして用いきれなくなってしまい血液中につぎつぎ流れて仕舞うために燃やす必要があるのです。
中性脂肪、コレステロールなどは貯めすぎても体によくないし、摂取しなさすぎても体によくないのです。
我らが生きていく上でずいぶん大切な働きを通しているのです。

人体への影響

では中性脂肪を摂取しすぎてしまって体内に蓄えすぎてしまった場合、私たちの体にいかなる影響があるのか見ていきます。
中性脂肪が必要量以上に手広く体内に入ってくると、必要量以外の余分な分が血液や肝臓、皮下脂肪などに吸収されて貯まっていきます。
適度な蓄積であればどこに貯まってもエネルギーとして選べるので大丈夫なのですが、度を越して貯まってしまうと肥満や脂肪肝あるいは動脈硬化などの病気になって仕舞う可能性があります。
このまま中性脂肪を燃やすことができずに度を越した状態を続けた場合、体内にどんどん中性脂肪が蓄積されていきます。
すると肝硬変を引き起こしたり、心筋梗塞などの心疾患を引き起こしたり、脳梗塞などの脳血管障害に進展したりします。
コレステロールも同じように過度の摂取は同様の危険性が思い当たるのですが、日本人の場合皆はコレステロールよりも中性脂肪の値の方が高くて病気になっている人が多いため燃やすように努力する必要があります。
だからといって中性脂肪、コレステロールが低ければいいのかというとそうではありません。
中性脂肪などが低すぎると今度は体に必要なエネルギーを編み出すことができなくなり、生きていくことができません。
中性脂肪が作りだすこのエネルギーによって私たちは何日間か食事をしなくても何とか通じることができます。
そうしてエネルギーによって熱を作り出し、体の体温調節を通じてもらえる。
体の中にある臓器を外部刺激から続ける役割もいったいいます。
このように中性脂肪は人体にいとも大きな影響と役割を持ち歩いているのです。

肥満


近年のファストフード志向やライフスタイルの変化によって肥満体型の人が増えて、肥満問題に注目が集まっています。
肥満問題について注目されているということは、そこに関係している中性脂肪について注目されているということになります。
中性脂肪がたくさん入っている食事ばかり食べていると、必要量以上の中性脂肪がいくらでも貯まってしまいます。
再度運動不足によって中性脂肪などの脂肪を燃焼することができなくなっているため、健康的に中性脂肪を燃やすことができずに肥満になっていくのです。
奴の運動不足も大きな問題となっています。
肥満体型にはいくつか種類があります。
腹部やお尻や腰や太ももあたりに皮下脂肪が付く「洋ナシ型肥満」。
肝臓などの臓器周りに脂肪が蓄積されて仕舞う「りんご型肥満」です。
洋ナシ型肥満の場合、上半身は痩せているけど下半身だけが太っています。
中性脂肪を過剰に摂りすぎていたり運動不足になっていたりする人の場合は、ルーティン自体を変えて中性脂肪を燃やすようにしなければなりません。
りんご型肥満の場合は臓器周りに起きていることそれで、なんだか自分では気付きづらい肥満状態です。
見た目には痩せているけど本当は肥満だったということが数多くあります。
別名、内臓脂肪型肥満とも呼ばれています。
下半身よりも上半身に脂肪がつき易くて中年男性に多くなっている肥満タイプです。
肥満の場合、血液の中にも脂質が多くなってドロドロの血液になり、血液も肥満になっています。
血液肥満を放置しておくと動脈硬化や脳卒中や心筋梗塞や高脂血症、糖尿病などの重篤な病気を引き起こすことになりますから注意が必要です。

放置した場合

肥満体型や運動不足などで中性脂肪を燃やす必要があるものの、燃やす努力もしないで放置した場合いかなることが起きるのでしょうか。
中性脂肪が高いものの肉中心の食生活を続けていたり、暴食を通じていたり、ふとした移動や買いものの際にも車においてしまったり、家に引きこもってしまって外出しなかったりすることははなはだよくありません。
これまずは中性脂肪を燃やすことはできません。
ただしやばいことはわかっていても習慣となってしまったことを終わりたり、変えたりすることは一大ことです。
自分のイノベーションをするしかないと思います。
中性脂肪によって私たちの体に及ぼさせる病気の不安について分かることで、習慣となってしまった食生活やライフスタイルを乗り換えることが出来るかもしれません。
中性脂肪、コレステロールが高いと血液検査などで指摘されても引き続き燃やすことをしないで放置した場合どうなるのでしょうか。
意外と中性脂肪が体内に貯まっていくと、血液中にも中性脂肪が多くなってしまいます。
このときのことを高脂血症と言います。
コレステロールが多い場合は高コレステロール血症状となります。
中性脂肪が多い場合は、高中性脂肪血症となります。
高脂血症が長く続いていくと血圧がサクサク高くなって高血圧を引き起こしてしまいます。
一段と高脂血症や高血圧状態を続けていくと動脈硬化を進行させて仕舞うため、早めに中性脂肪を燃やすようにコントロールすることが大切です。
高脂血症も高血圧も症状が悪化するまでは見た目に異変が表れないため勘づくことができません。
定期的に検査をするなどしてチェックするしかないようです。