こだわり抜かれて作られた「えがおの黒酢」


近年サプリメントが普及し、広い年齢層の方々がサプリメントを愛用されるようになりました。
ただしサプリメントには種類が多すぎて、どれを買えば良いのか迷っている方もきっと多いことでしょう。
そこで今回はオススメのサプリメント「えがおの黒酢」の紹介です。
えがおの黒酢は「黒酢の里」と呼ばれる福山町で作られているサプリメントです。
福山町は一年中安定した気温を持ち、また良質な天然水や鹿児島産のお米、そして「アマン壷」と呼ばれる苗代川焼のかめ壷があることから、福山町はえがおの黒酢作りに最適の地としています。
えがおの黒酢には栄養豊富な丸玄米が使用されています。
また黒酢作りには欠かせないこうじも現在は機械で出来上がることも多いのですが、えがおの黒酢では全て手作業によって作成されています。
手間の掛かる手作業を厭わず、丁寧に真心をこめて作られたのがえがおの黒酢なのです。
因みにえがおの黒酢は以下のような方にとりわけオススメします。
では日々の健康に対する意識が力強い方。
次に酸っぱいものが苦手で普段からきちんと酢のものを食べられない方。
すっきりと爽やか朝を過ごしたい方や、ダイエットをしたい方にもオススメです。
またえがおの黒酢はアミノ酸量が通常の酢に比べ、平均して約120倍も含まれています。
特に健康のために必要な必須アミノ酸も盛り込む、誠に20種類のアミノ酸がバランスよく配合されているのです。
毎日健康に過ごしたい方、ぜひこのえがおの黒酢をお試し頂く事をオススメします。

黒酢の基礎知識


黒酢が体にまったく喜ばしいということが大きく世間に有名なようになりました。
酢が体にいやに可愛いことは何時ぞやから知られていましたが、他の食材に比べると使用する頻度がちっちゃい傾向があり、また酸っぱいから食べ辛いという力強いマイナスイメージがありました。
ただし、えがおの黒酢はその常識を引っ繰り返しました。
えがおの黒酢を食材として通じるお酢ではなく、日ごろの健康のために呑むお酢として発明されたのです。
えがおの黒酢が呑むお酢として登場したことで、誰もでも気軽にお酢を取り去り易くなりました。
黒酢が持っていた凄い酸味のある味も飲み込むお酢になったことで、酸味が苦手な人も安心して摂取することが出来るようになったため、老若男女問わずその人気は上昇中です。
黒酢はお酢の中けれども群を抜いて体ににいい効果があるが呑み辛いと言われていました。
ただし呑みづらさが改善されたことで体に大変望ましく摂取しやすくなったと知られ、日ごろから自身の健康に強く気を使っている方々からの立てることが増えました。
複数の種類の存在するお酢の中それでも黒酢、殊更えがおの黒酢の効果が支持され、その効力を体感した多くの人々がリピーターとして、黒酢ファンは爆発的に増えたのです。
近ころまずはもろみ酢と呼ばれるお酢の効力も強く支持されるようになりました。
黒酢ともろみ酢、両者の売りを一度にまとめて摂取するのは難しいとされてきましたが、気軽に飲める黒酢となったことで、体に大切な栄養素がぎゅっと凝縮され、グングン摂取しやすくなったのです。

えがおの黒酢、その原材料


えがお黒酢には主に玄米が使われています。
一般的には酢の原材料には精米が使用されていますが、えがおの黒酢が生まれた地である鹿児島福山町では玄米が使用されています。
玄米とはお米からもみがらと呼ばれる部分だけを取ったお米のことを指します。
精米よりも栄養が抜群に厳しいと評価されています。
玄米は生きたままのお米とも多く言われているため、その栄養の高さがよりわかると思います。
過去に精米と玄米を水に入れて観察するという実験が行われたのですが、精米に一切変化が無かったことに対して、玄米は水に浸し時間が置くと誠に芽が出てきたのです。
このことからも、玄米は生きていると表現されるようになったのです。
原材料を玄米にしたのは、自然の有効的成分が多く含まれているからです。
ただし、黒酢を作成する上で大変ハードルの高いのが、原材料の出来不出来によって品質が広く変わり安っぽいことです。
ですが、えがおの黒酢が生まれた地である福山町では、一年中安定して過ごしやすい気候から、黒酢を作り上げるためには最適な状況が揃っています。
えがおの黒酢の原材料になる良質な米、再び品質をグングン高めて受け取るシラス大地から湧く天然水はもちろん必要不可欠であり、それに加えてかねてから広がる伝統の製法を続けていくための薩摩焼のかめ壷、「アマン壷」が黒酢造りを支えてもらえる。
さらに、玄米の中けれどもミネラル分が豊富な丸玄米を使用しているのもこだわりの一つです。
丸玄米とは、削って仕舞う以前の玄米のことを指しますが、丸玄米の殻は大変固いために、丁寧に手作業で作業が行われています。