軟水と硬水


水には軟水と硬水があります。
勿論炭酸水にもあります。
水がやわらかい、かたいと書きますがどういう違いがあるのか見ていきます。
一般的にダイエットなどには硬水がいいとされていて、お料理に扱うには軟水がいいとされています。
水にはそれぞれ硬度も定められています。
ダイエットには硬度の厳しいものほどいいとされていますがどういう定義になっているのでしょうか。
天然水は雨や雪が地中にしみ込んで地層において汚れや不純ものをろ過して、そのかわりに地中にあるミネラル分が染み出てきたものです。
このミネラル分が多ければ多いほど硬度が厳しいということになります。
地層の中での滞在時間とミネラル分の量は比例しています。
このときの地層を通り過ぎる時間とスピード、ミネラル分の成分を通じてそれぞれの水に特徴ができます。
国土が小さくて地層がやわらかい日本においては軟水が多くて、かたくてごつごつとした地表が多いヨーロッパなどでは硬水が多くなっています。
硬度の数値が小さいものを軟水といって、数値が厳しいものを硬水としています。
硬水と軟水の分類について殊に統一規格はありませんが、一般的には超軟水から超硬水まで5種類に分類しています。
硬度が安い軟水の場合は主にだしをとったり日本茶を入れたりするのに取り扱う一般的な水です。
硬度が高くなるとカルシウムやマグネシウムなどミネラル分の量が増えてくるので味が苦くなります。
一般的には硬度0から50までを超軟水、硬度51から100までを軟水、硬度101から300までを中軟水、硬度301から1000まで硬水、硬度1001以上を超硬水としています。
水や炭酸水には水自体の硬さがあります。
カルシウム分の高いミネラル分を含んでいる水の場合、かりっとした独特の味わいになります。
マグネシウム分がおっきい場合、苦味を感じます。
ナトリウム分が大きい場合、もっとしまった味になります。
これらの水の味はカルシウムとマグネシウムが入っているバランス量によって変わります。
最も理想的なバランスはカルシウムが2に対してマグネシウムが1になります。
このバランスの水や炭酸水は硬度が良い上に呑み易くて一番いい状態なのです。

軟水と硬水の使いわけ

では軟水と硬水をどのように使い分けしたらいいのか具体的に見ていきます。
一般的にお料理には軟水がいいとされています。
ごはんを炊いたり、だしをとったり、お茶をいれたり、お料理全般に関して軟水の方が相性はいいのです。
これは軟水の方はミネラル分が少なくてまろやかな水で、材料自体のおいしさうまみを生かし易いからです。
日本料理など生来味を求められるものは何より軟水によって材料のうまみを引き出すことが出来ると思います。
日本茶についてもうまみを味わって飲み込むものそれで、軟水が一番いいです。
水の硬度は激しくなるほど材料のうまみを取り出し辛くなります。
低ほど香りを抽出することができます。
ですから香りを楽しむコーヒーや紅茶についても軟水の方が合っています。
一番いいのは硬度が高めになっている軟水や中硬水です。
そうしてダイエットに一番いいのは超硬水です。
炭酸水ダイエットにおいても有名モデルたちがふるって超硬水の炭酸水を飲んだそうです。
硬度が1500以上のものなどがあるので、いよいよ飲み込むときはだれもが驚きを隠せないはずです。
ただし今ではダイエットの常識として炭酸水は多くの女性に常飲されています。
硬水の場合は一般の水よりもミネラル分が豊富なためダイエットをすると不足しがちなミネラル分を補えるということで体にもよろしい効果をもたらしています。
また水分をたくさん補給出来るため便秘解消にも効果があるということで、さらなる健康効果が得られると評判になっています。
但し元々日本人は硬度の厳しい水や炭酸水に体が馴染んでいません。
そのため一度に大量摂取すると下痢になって仕舞うことがあります。
返す返す一気呑みはせずに少しずつ回数を分けて飲み込むように気をつけてください。
とりわけはじめて飲み込む人はきっちり少しずつ体の様子を見ながら呑むようにしてください。

炭酸水について


ここで又もや炭酸水について触れておきます。
炭酸水というと炭酸飲料を想像しがちですが、サイダーやコーラなどの炭酸飲料のことではありません。
ここで言うダイエットに効果的炭酸水とは、二酸化炭素が入っている水のことです。
お酒で割って呑むのに炭酸水を使ったりもします。
炭酸水は通常それだけで飲んでも特徴があってすっきりして美味いです。
ですから炭酸水ダイエットでは丸々炭酸水を食前に飲みます。
これは炭酸水を飲んで二酸化炭素でお腹を膨らませて先に食いでを味あわせてある程度体を満足させてから食事を摂って量をコントロールできるという方法です。
但し炭酸水は食いでと共に利尿作用も促すので注意が必要です。
ダイエットに向いている炭酸水は、ミネラル分が多い方がいいので硬度が大きい硬水を選ぶことがポイントです。
炭酸水には再び美肌効果を期待することができます。
それは炭酸水が弱酸性で素肌によく、抗菌作用を所持しているからです。
肌をいためること無く細菌を減らしてもらえる。
炭酸水の透過性は酸素の25倍もあって肌によく吸収されやすく透過性が高くて、毛穴に詰まった汚れまですっきりと洗い流すことができるそうです。
最近では肌に附けると肌がもっちもちの潤いある肌になると炭酸ジェルパックも人気となっています。
炭酸水には血行促進作用があって、炭酸泉という温泉があるほどその効果は有名です。
このように炭酸水は呑む以外にも多くの効果があるのでぜひとも試してみたい水です。

ダイエットのルール

炭酸水ダイエットはとても簡単に行えるダイエット方法です。
但し炭酸水ダイエットを行うにはきちんとしたルールを守って行って買う必要があります。
炭酸水ダイエットのルールを紹介します。
ひと度ルール1は食する前から食べながら炭酸水を飲み込むことです。
炭酸には自身に食欲のバランスを整えてもらえる働きがあります。
そのため炭酸水によって食べ過ぎてしまっている場合はその食欲を抑えて、逆に食欲がないような時折食欲を増進できる効果があります。
ですから食べすぎの人でダイエットをしたい人の場合は、食前に炭酸水を飲み込むことがおすすめなのです。
自分の食欲がいい感じで落ち着く呑み方を数日間試して探ってみて下さい。
ルール2は1日に3回から5回呑むようにしてください。
炭酸水は一度にまとめて呑むことは決してしないで下さい。
体に負担を与えて仕舞うことがあります。
本当に分割して少量ずつ、毎食前あるいはおやつ前などのタイミングに分けて飲んで下さい。
しかし炭酸水を自分で手作りしている場合、重層は1日5gまでしか飲めないという制限があるので気をつけてください。
再び多くの炭酸水を飲みたいという人は、市販されている炭酸水を買って手作りのものと併用して飲み込むようにするといいです。
昔は硬度がおっきいと苦味が強くて呑み難い水が多かったのですが、今は硬度が高くても呑み易い炭酸水がたくさん販売されています。
モデルや芸能人なども多くの人が炭酸水を持ち歩いて飲んでいるそうです。

アンチエイジング


炭酸にはアンチエイジングの効果があります。
真に炭酸ジェルによるパックなどが販売されて美肌になれると人気がでています。
炭酸ジェルパックの場合は外からのアプローチですが、炭酸水を飲み込むことで内側からもアプローチできるそうです。
炭酸水を飲み込むことで頂ける効果としては、ダイエット効果や便秘症改善効果のほかに美容効果があります。
具体的な美容効果としては、血行を良くして、筋肉のリラックスを通じて、整腸作用があるとのことです。
炭酸水を飲むとちっちゃな分子である二酸化炭素は血管の中に入ります。
急激に体内に二酸化炭素が掛かることで、体が「酸素が足りない」と危険信号を出します。
すると体は血管を広げて血行を増やして酸素をたくさん取り込もうとするのです。
これによって短距離走をダッシュしたりマラソンを走ったりする感じくらいの運動量を体が受取るそうです。
つまり血行が良くなることで代謝が良くなり、老廃ものが排出されてアンチエイジングになるのです。
ダイエットをするには減量だけではなく適度な運動も必要とされていますが、これだとすれば運動したのと同じくらいのエネルギーを消費するため炭酸水を飲み込むだけでダイエット効果を得ることができるのです。
次にリラックスについてですが、人の体は運動をすると疲れたということで疲労もの質である乳酸と水素イオンがたくさん体に溜まって、それによって疲労を感じます。
逆に言うと乳酸や水素イオンを除くことができれば、疲労を感じること無く元気でいられるということです。
その除く効果が炭酸水にあるそうです。
二酸化炭素が水素イオンと結びついて中和することで量を燃やすことができるのです。
疲れはひどくなると体調不良や老化を引き起こします。
炭酸水を飲んで疲れを取り体を中和して弱アルカリ性の状態にすることでリラックス効果を得られるのです。